葬儀川柳コンテスト

『葬儀にまつわる川柳』コンテストというのがあったんだそうです。

雑記帳('05/04/19)(毎日新聞)

特別賞(大賞):「撒骨(さんこつ)の 亡父(ちち)はワルツで 風に舞う」(岡山市/72歳男性)

入賞:「遺言は 葬儀の後の 玉手箱」(70歳男性)
入賞:「姑(しゅうとめ)の 時より泣ける ペット葬」(51歳女性)

だそうで。
( つД`)

もっと見たかったので主催者のサイトを見てみたところ、まだ掲示されてなくて残念。
ギャラリー葬送博物館・とむらい塾(主催者のサイト)

| | コメント (0)

最も美しい英単語は「マザー」

英国の機関の調査結果だそうで、
「マザー」が「最も美しい言葉」ランク1位に、英調査

英国の公的な国際交流機関「ブリティッシュ・カウンシル」はこのほど、英語を第2外国語として学ぶ人に尋ねた「最も美しい英単語」調査で、「マザー(母親)」が選ばれたと発表した。
調査は、同団体の創立70周年を記念し、世界中の英語が母国語でない4万人に対して実施した。上位70語までをランキングにした。
2位は「パッション(情熱)」、3位は「スマイル(笑顔)」、4位は「ラブ(愛)」、5位は「エタニティー(永遠)」だった。そのほか、「ファンタスティック(素晴らしい)」、「デスティニー(運命)」、「フリーダム(自由)」、「リバティー(解放)」「トランクウィリティー(静寂」などが上位につけた。
一方、「ファーザー(父親)」は上位に入らなかった。 (以下略)
「母国語としない4万人」とあるだけで、どういうサンプリングをしたのかには言及してないので、そのまんま信じる気にはなりませんが、面白い調査結果です。
どうせなら他の言語についても調べてくれれば比較できて面白いんですけどね。これだけだとなんとも…。

'04/11/30追記
この記事を書いた後、ふと思ったこと。
インターネット日和: 「母国語」とはなんぞや?

| | コメント (0)