かわいい子役

書こうと思って忘れてたコト。
『女王の教室』の主演の子(神田和美役=志田未来)はかわいいのー(´ヮ`*)

日本のドラマなんて、かれこれ何年もマトモに見たことがないし、『女王の教室』もストーリー自体は「んー…」という部分がありますが。しかし。
主演の子がかわいいので、チャンネルを替えながらもチラチラと見てしまう。

将来が楽しみだなぁ(変な意味じゃなく)。

というか、どうも、誰かに似てるんだよな、あの子。
なんか「見たことある系統の顔つきだなー」と思って、色々と考えてみたんだけど、誰に似てるのかがわからない。
んー…。誰だろう…。
昔の前田愛? ……違うなぁ。なんかもっと……うーん…????
…ん、いや別にかわいいといっても、アレな意味ではないぞ。あーゆー娘が欲しいもんだ…という意味での「かわいい」だ。うん(一応弁明)。
しかし、プロフ見ると、'93年生まれなのか…。……はー(ため息)。
Yahoo! JAPAN - エンターテインメント:志田未来
セントラルグループ:志田未来(事務所公式)
日本テレビ:女王の教室

7/31 追記
なにやら人が一杯くるな…。
今週くらいから話が転換して、先生と和美が仲良くなるのかと思いきや、別にそういうわけでもないのか…。
ちなみに知り合いに、「"女王の教室"の子が、かわいくてさぁ」と言ったら、「あー、あの挙動不審な子ね」との返事。……まぁ確かに挙動不審というか、小動物ちっくだな…。落ち着きのないかんじが(まぁそれはそれで、かわいい要素なんだと思うんだが)。

ところで調べて見たら、彼女の出てる『雨鱒の川』(高倉小百合役)ってDVDが出てるのね。
解説見ると、ヒロインの子供時代の役なのか…? いまいち役どころがわからんが。
雨鱒の川(公式サイト)
雨鱒の川 ファースト・ラブ スペシャル・コレクターズ・エディション(楽天市場)
この映画自体は去年公開されたもので、DVDはレンタルもされてるようです。

| | コメント (3)

自作「ライトセーバー」が爆発

米国で公開されてる『スターウォーズ エピソード3』。
即効で海賊版が出回ったり、いろいろ話題になってますが、ライトセーバーが爆発したそうで。

「スター・ウォーズ」まねて大けが=手製ライト・セーバーが爆発-英(時事通信)
人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」のファンが、映画に出てくる小道具のライト・セーバー(光剣)を作ろうと蛍光灯に火を付けたところ、爆発して大けがをしていたことが24日、明らかになった。(略)
( ̄□ ̄;)
訂正。
ライトセーバー風の蛍光灯が爆発したそうです。

…蛍光灯をライトセーバー代わりに、っていうところまではまぁ理解できるのですよ、発想として。
ただ、それに火をつけるというのが……ねぇ……。
そりゃ爆発するよ、ライトセーバー。ダメだよ。リンゴ一つ切れないよ。

しかも20歳と17歳。自作ビデオ撮影中。
……酔ってたのかなぁ……。むしろ酔ってたなら言い訳のしようがあるけど、シラフでこれやったなら、もう親兄弟、友達に言い訳のしようが…。

そういえば何年か前に自作の映像をネットに晒された可哀想な少年がいたっけ…と思い出して調べてみた。
スター・ウォーズごっこビデオがネット流出、共感と同情の寄付運動(Hotwired)
ちょうど二年前か。彼は今どうしてるのだろう。
このときは可哀想な少年のために寄付がされたわけですが、今回はされないかな。
バカ度合いではこっちのほうが格段に上だし(だって20歳ですよ)入院費の寄付活動が起きないか、少し気になるところ。

インターネット日和: 『スター・ウォーズ』最終章に「PG13」の年齢制限

| | コメント (0)

『スター・ウォーズ』最終章に「PG13」の年齢制限

間もなく米国で公開される「スターウォーズ・エピソード3」ですが、厳しめのレイディング(視聴の格付け。年齢制限)がついたようで。

「スター・ウォーズ」最終章、シリーズ初の「PG13」に(AP/CNN)
ジョージ・ルーカス監督によるSFシリーズの最終章「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」が、同シリーズとしては初めて13歳未満の子供の観賞には、保護者の十分な注意が必要とする警告「PG13」指定を受けた。
同作品は米国で5月19日、日本で7月9日から公開の予定。
最終章は、ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーがシスの暗黒卿、ダース・ベイダーに変ぼうする内容で、前5作に比べ、過激な暴力シーンが多いという。このため、これまで指定されていた「保護者同伴が望ましい」という「PG」よりも厳しい「PG13」となった。 (略)
日本の映倫だけ甘い裁定するわけないから、日本でも似たような制限になるか?
「保護者同伴が望ましい」と「十分な注意が必要」だとかなり違うもんな。

売上に影響する筈ですが(特に米国の場合は)迎合して表現改めたり、抗議せずに「私は物語を伝えなければならない。この映画を大ヒット作にするつもりはない」と甘んじて受け入れるというのはちょっとカッコイイ。
ただDVD化したときも何かしらの制限がかかるだろうから、そこはどうするんだろ。
全年齢対象版も用意したりはしないのかな。
それともあくまで「(親が許してくれない)低年齢のファンは大人になってから見てくれ」というスタンスでいくのか?

インターネット日和: 自作「ライトセーバー」が爆発

| | コメント (0)

深夜映画『月光の囁き』

特に期待せず深夜映画で『月光の囁き』というのを見たんだが、なかなか良かった。
序盤、10分~30分くらいはかなり萌える青春映画。
その後、少しずつ転落していくのだが、青年マンガ雑誌(ヤンジャンとか、ヤンマガ)レベルで、そんなに酷くハードというわけでもない。

月光の囁き(99年、日活)
同じ運動部に所属し交際を始めた高校生カップル。彼の特異な性癖が発覚し2人は破局を迎えるが、やがて彼女も自らの隠れた一面に目覚め、彼とともにゆがんだ愛の世界に落ちていく。
(監督) 塩田明彦
(出演) 水橋研二/つぐみ/草野康太/関野吉記/井上晴美
こういうかんじ。
んで、見てて「アレ?」と思って調べたら、ああやっぱり正志っ。
「噛ませ犬」になってしまう「先輩」。『街』(ゲームね)の金曜日だ。
名前で言うなら、草野康太さん。
結構、顔が違いますが、シーンによって「ああ金曜日っ」というところがチラホラと。

と、話を戻して。
一応ハッピーエンドと言えるのかな、アレは。
なかなか面白い映画だったので機会があれば是非是非。マゾっ気が少しでもある人(なんとなく気持ちが理解できる人)とかは特に(笑)。
こういう「掘り出し物」が見付かるから好きなんですよね、深夜映画。

'05/04/18追記
この次の週(4/14)に同じ塩田監督の『害虫』が放映されましたが、こっちは微妙だった。
終わりかたがイマイチ…。

調べてみたら DVD出てるんですね。『月光の囁き ディレクターズカット版』。
個人的には、『害虫』より『月光の囁き』のほうが好きだな。
『月光の囁き ディレクターズカット版』DVD 3940円(送料別)(ぐるぐる王国/楽天市場)

| | コメント (0)

『ER 11』でカーター先生、「退職」へ

今月から、『ER 10(X)』が NHKで放送されてますが、今米国で放送されてる最新のシリーズ『ER 11』でカーター先生、退職するそうで。

「カーター先生」、ER第11シリーズ最終回で降板へ(CNN)
米NBCの人気テレビドラマ「ER 緊急救命室」にジョン・カーター医師役で出演していたノア・ワイリー(33)が、5月19日の第11シリーズ最終回を最後に、同番組から降板することになった。ワイリーの広報担当者が3月31日、明らかにした。
1994年のシリーズ開始時から出演し続けていたキャストは、ワイリーが最後だった(途中降板し、5年後に復帰したスーザン・ルイス役のシェリー・ストリングフィールドが、オリジナルキャストの最後となる)。 (略)
少し前に、他の女優さんが「もう若くないから辞めさせられた」と言ってちょっとした騒ぎになりましたが、カーター先生については本人の意向のようですね。

しかし、シリーズ開始って、'94年か。
まぁ今、日本で放送してるやつが「10」なんだから当然だけど、改めて考えると長いなー。
NHK昔のシリーズ、再放送してくんないかな。

| | コメント (0)

マーロン・ブランド、『ゴッド・ファーザー』断っていた

昨年故人になりましたが、マーロン・ブランドといえば『ゴッド・ファーザー』、『ゴッド・ファーザー』といえばマーロン・ブランドなわけですが。
当人は始め、出演を固辞してたとの裏話が…。

ブランド、マフィア称賛と「ゴッドファーザー」出演断る(CNN)
業界誌ヴァニティ・フェアは2月1日、昨年7月に80歳で死去した米俳優マーロン・ブランドが、自身の代表作となった「ゴッドファーザー」でのドン・コルレオーネ役を、最初は断り続けていた、と報じた。
ブランドの代表作の1つ、「波止場」の脚本を担当した小説家で、同氏の長年の友人というバッド・シュールバーグ氏が明らかにした。

これによると、ブランドの女性アシスタントが、「ゴッドファーザー」の本を読むよう促すと、「マフィアの映画だ。マフィアをたたえるような役はやりたくない」と繰り返し発言、アシスタントに本を投げ付けて拒否する一幕もあったという。
しかしその後、心境の変化があったようで、ブランドは、まゆ用ペンシルで口ひげを真似し、アシスタントに向かって「どう?」などと質問。アシスタントが「ジョージ・ラフト」のようだと、当時、マフィア役を演じることでよく知られていた俳優の名を口にすると、様々な口ひげを試すようになったという。 (略)

興味深い話。
んが、どういう「心境の変化」で役を引き受けることにしたのかまでは語られてないのが残念。
当人のみぞ知る永遠の謎ってことなんでしょうか…?
誰か本人から聞いて知ってる人はいないんですかね…。

それはそれとして。

マーロン・ブランドも登場――EA、ゲーム版「ゴッドファーザー」を発表(ITmedia)
ゲーム版「ゴッドファーザー」は、映画版の世界観で展開されるサードパーソン・アクションゲーム。プレーヤーは1945年~1955年のニューヨークで“コルレオーネ・ファミリー”に加わり、人々の恐怖や忠誠心を操りながら影響力を高め、究極の“ドン”へと成長していくことになる。
なお、アメリカではプレイステーション2、Xbox、PSP、PCなどのマルチ・プラットフォーム対応として、2005年秋に発売される予定だ。日本での発売時期は未定となっている。(略)
EA、映画「ゴッド・ファーザー」を題材にしたアクションゲームをマルチプラットフォームで開発(GAME Watch)
こっちも面白そうだ。

| | コメント (0)

新潟中越地震とテレビメディア

「新潟中越地震とテレビメディアについて」の質問状に関して、テレビ朝日が面白いことを。

駆け出しジャーナリスト(失敬)、泉あいさんという方が、「GripBlog」というのを運営してまして。
今年一月の開設で、新潟中越地震でマスコミがやらかしたことについて現地で取材したレポートが連載されてます。
前から見てたんですが、特に書くこともなかったため大人しくROMってたんですけど、今回、なにやら面白いことが書かれてるのでTB飛ばして記事に。
GripBlog: マスコミは何を学び、何を実行しているのか 【取材記1日目】

「面白いこと」というのは、彼女がマスコミ各社(NHKと在京テレビキー局)に送付した質問状を巡っての話。
質問状自体はメールで送信したそうで、以前に記事になってるんですが、返信がこないため、この度各社に電話で問い合わせをしたそうな。
NHK、TBS、日テレ、フジテレビ、テレビ朝日。

まぁ現実的にメールで送ったら、ぞんざいな扱いをされてもしょうがないのかなとは思うのだが、それはそれとして。
電話の問い合わせに対する各社の応対に温度差がすごい。
一番ちゃんとしてるのは TBSみたいです。なかなかいいかんじすね。さすが「報道特集」放送してるだけのことはある。エライっ。
逆に大爆笑なのが、テレビ朝日。
『もしどうしてもということでしたら、誰かお知り合いを見つけてそちらから聞いていただくしかない』
テレビ朝日の内部について何か聞いたり取材するには、まずテレビ朝日関係者に取り入って知り合いになった上で、その人経由で調べないといけないそうです(笑)。

よし、私もテレビ朝日になにか聞かれたら(機会は無さそうだが…)、「アナタなんて知らないので話したくありません。どうしてもというなら、誰か私の知り合いでも説得して連れてきてくれれば別ですが」と追い返そう。皆様もそうしましょう(笑)。
どういう理屈なんだろう。意味不明だ。担当者名も名乗らないとはスゴイ。
上場企業とは思えない電話応対。
…ああ、記事にするなら一応、録音したほうがいいですよ? 後で言った言わないになるので…。

肝心の新潟中越地震についての取材記も、なかなか興味深いので(こういうのは大手メディアには掲載されないだろう)、テレビ朝日の面白さ(良い意味ではない)と、新潟中越地震について興味あればオススメです。
あと「何か調べてほしいことがあれば、リクエスト可」だそうです(「お知らせ」カテゴリ参照)。
私はせっかくだからと思ってみたけど、特に思い浮かばず。

あれ、テレビ東京は…?
元にしてる記事:GripBlog: マスコミは何を学び、何を実行しているのか 【取材記1日目】
GripBlog

支局長からの手紙:災害現場とメディアの役割 /阪神(毎日新聞)
##メディアスクラムについて。もっと記事がある筈だが、時間経過の関係で消えてる模様。

'05/01/18夜追記
GripBlog.さんの紹介を兼ねてこの記事を書いたわけですが。なにやら、TB辿って、向こうからこちらに来る人が結構います(30件くらい)。…と、いうことは。
私以外にもかなりの数、ROMってた人がいたってことか(笑)。

うちの記事:インターネット日和: 中越地震:地元CATV局の頑張り

| | コメント (3)

『おしん』と『冬ソナ』

「年末で皆することないのか、アクセス数がいつもの二割増になってる」という話は聞いたけど、確かにうちもそうなってる。多いな。
多いけど書くネタがないのはどうしたものか…。
みんなネタがなくてヒマだからアクセス数が増えてるわけで、そんな中で「アクセス数が多いから更新せねばっ」というのは矛盾してるよなぁ…。
なんていう前置きはともかく。今日の朝刊に載ってたコラム。

発信箱:ヨン様とおしん 上村幸治(中国総局)(毎日新聞)
ヨン様でおなじみの韓国のドラマ「冬のソナタ」は、中国でも一時期、大変な人気を集めた。ただし、中高年層が熱くなった日本と違って、主に若者層に受けた。いまの中国の若者と、日本の冬ソナファンの青春が、どこか似ているのかもしれない。
中国では80年代に日本のテレビドラマ「おしん」が放映され、多くの女性がおしんにあこがれた。改革・開放政策が始まり、個人経営の商店や食堂を始める女性が相次いだ時期で、みんな主人公と自分を重ね合わせた。
(略)二つのドラマには、主役の女性をいじめる婦人も出てくるけれど、彼女たちは自分をそちら側だとは考えないのだ。なんて素晴らしい(恐ろしい)ことだろう。(略)
ちょっと面白かった。

| | コメント (0)

NHK『地球大進化』のヤなところ(2)

再放送されてるためでしょうか。検索結果から飛んでくる方が多いです、「地球大進化」。
すいません、中身あんなん(「インターネット日和: NHK『地球大進化』のヤなところ」)で。
ためしに検索してみたら、めっちゃ上位にあるし。……もっと有用なこと書いてる方、いるのにな…。

で、改めて見てて気付いたヤなところ。
やっぱ『あなたの祖先』という言い回しに虫唾が走る。
おまえの祖先ではないんかぁぁぁぁぁぁぁっ。
いや別に中條さん(ナレーター)が悪いわけじゃないんだが…。あれはみんなオッケーなのか?
私はダメ。何回聞いてもムカつく。自分も当事者なのにナニをヒトゴトのように、という。おまえはアレか。人類じゃないんかっ、と。

逆の意味でムカつく言い回しが、推定と確定が混ざってるところ。
「この時期の生物は****だったと推測されています」と言ったかと思うと、直後のシーンで「****はこうして生き残ったのですっ」。なんでいきなり確定しとんねん。
おまえ見てきたんかぁぁぁぁぁぁあっ。
いや別に中條さん(ナレーター)が悪いわけじゃないんだが…。
「****だったと思われます」(推定)と「***だったのです」(確定)を混ぜこぜにして使うので、なんか聞いてて気持ち悪くなることがある。どちらか一方に統一してくれれば、問題ないんだが…。
番組のスタンスとして『学者の間で主流な意見は事実として述べる』のが前提なら、全部確定した言い回しにすべきで、なんで混ぜるのか?(逆に主流派ではない意見なら取り上げるべきではない)。
統一性がないのが、どうも気持ち悪い(少なくとも何処で線引きしてるのか視聴者にはわかんない)。

あと「進化」の言い回しがビミョー。どうも因果関係が逆転してる。これについては書くと長くなるのであまり書かないが、あの随所に出てくる「進化を止めた生物は絶滅したのです」という言い回しを聞いてると「キリンは首が長くなりますようにとお百度参りしたから、あんな長い首に進化したんですよ」というアホな説教されてる気分になってくる(変異体が生き残り、その変異が「進化」だというのは、あくまで結果論に過ぎない)。
再放送改めて見ると、なんか細部がおかしいなぁという印象。なんでだろう…?
少し言い回しを工夫すれば済むのになぁ…。ヘンなカンジだ…。

で、もう全部DVDになってるのかと思いきや、まだなってないんですね。
1集-3集が発売済、4集-6集は2月だそうで。
1本3000円。1集-3集まとめたDVD-Box(1)が1万円。……ビミョー。
DVD-Box(2)は、2月発売予定。この前の第7回は収録されるのかいな…?
今更知りましたが、公式サイトを見ると、各回のFAQも載ってますね。
インターネット日和: NHK『地球大進化』のヤなところ

本は全巻発売済み。

地球大進化(1)46億年・人類への旅生命の星大衝突からの始まり地球大進化(2)
46億年・人類への旅全球凍結
地球大進化(3)46億年・人類への旅大海からの離脱地球大進化(4)46億年・人類への旅大量絶滅地球大進化(5)46億年・人類への旅大陸大分裂地球大進化(6)
46億年・人類への旅ヒト果てしなき冒険者
著者:日本放送協会|出版社:日本放送出版協会|本体価格:各1,900円 (税込:1,995円)

'05/02/18追記
25日に、DVD-Box(2)が発売になります。
値段は何処も大体同じで、安いと思っても送料別の値段だったりして、トータルだと、そんな大差ないです。ざっと見たところ20%OFFの『ぐるぐる王国』が安いかな?
書いてある値段は送料別の価格ですが、送料自体が 590円なので、トータルでも安いほうだと思います。
(1)と(2)まとめて買うとお得です(送料は一個分・590円)。
『NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 DVD-BOX(1)』(ぐるぐる王国/楽天市場)
収録内容:第1集「生命の星 大衝突からの始まり」/第2集全球凍結 大型生物誕生の謎」/第3集:大海からの離脱 そして手が生まれた」

『NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 DVD-BOX(2)』(ぐるぐる王国/楽天市場)
収録内容:第4集「大量絶滅 巨大噴火がほ乳類を生んだ」/ 第5集「大陸大分裂 目に秘められた物語」/第6集「ヒト 果てしなき冒険者」

| | コメント (0)

『タッチ』も実写化

先月、『H2』ドラマ化のときに「『タッチ』じゃなくてヨカッタ」と書いたんですがっ。

「タッチ」が実写で復活(デイリースポーツ)
漫画家あだち充氏(53)原作、アニメとしても大人気だった「タッチ」が実写で映画化されることになった。13日、都内で行われた東宝のラインアップ発表会見で発表された。ヒロイン・浅倉南は映画版「世界の中心で、愛をさけぶ」でアキを演じた長澤まさみ(17)が務める。上杉達也・和也の双生児の兄弟は現在キャスティングの詰めに入っている。

長澤まさみヒロインで「タッチ」実写映画化!!(夕刊フジ)
東宝が13日、平成17年の配給作品26本(「ハウルの動く城」など含む)を発表。人気漫画「タッチ」が、今年最大のヒット映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロイン役、長澤まさみ(17)主演で初めて実写映画化されることになった。
長澤は会見し、「原作を意識しないで、さわやかですてきな女の子を演じたい」などと話した。
はぁ~。
映画か。
まぁドラマよりはマシか。ドラマだと三ヶ月間、無差別に番宣見せられるから苦痛以外のなにものでもない。

がっ、映画でもCMやるんだろうなぁ…。映画だと公開前後の一ヶ月くらい? 別に実写映画をやんのは勝手だけど、CM流さないでくれんかな。もしくは、ただのイメージCMにしてほしいな。それならいくらでもやってくれ。
しかし「タッチ」を2時間の映画にまとめるのは、かなり無理がないか? 相当薄っぺらい内容になりそうな気が。時間をかけてやる分『H2』のドラマのほうがマシのような…。

あと、原作意識しないのはいい。うん。絶対に意識しないでやってくれ。そのほうがいい。
いっそ名前変えてくんないかな。
ああ、なんならタイトルも変えてくれてかまわんよ。出来るだけ原作を意識させない方向でがんばってくれ。その調子で頼む。

'04/12/15追記
TBがきてたので見に行ったんですが(「負け犬のブルース」さん)、見て思った。
ああ、もういっそ日高さんにやらせればいいぢゃんっ、と思ったのは俺だけじゃなかったんだなと。ちょっと安心(笑)。

インターネット日和: 『H2』実写ドラマ化

| | コメント (1)