財務省が財政に関するネットアンケート

ヤボ用があって財務省のサイト見たら、「財政についての意識調査アンケート」なんてもんが。
財政についての意識調査アンケート:あなたならどうしますか?日本の財政-財政アンケート2005-(財務省)
タイトル通り、財政・税制についてアンケートやってます。
「どの分野の予算(歳出)を増やすべきか」「どの分野の予算(歳出)を削減すべきか」は当然ながら、「財政再建にはどうすればいいか(歳出削減優先か増税優先か)」、あと地方分権(地方の歳出について)に関する設問も。
自由意見書ける欄も設けてあります。

ってことで、財務省に一言言っておくことがある(`□´)、とか、増税のまえにこれやらんかゴラァ(`□´)、とか不平不満、鬱憤、意見のある人は是非参加してみてください。是非是非。
まぁアンケの結果がどういうカタチで反映されるのかよくわからんのですが(多分統計資料にされるんだと思うが)、テレビに向かって怒鳴ったり、そこらの地方公務員に八つ当たりするよりはマシ、有意義ってもんです。
まじめに回答しても、10分もかかりません。メアドや氏名等、個人情報の入力は一切不要。
受け付けは、~10月14日まで。

ちなみにCookieを有効にしとかないと最後、送信できないので、受け入れ拒否してる人は注意(www.mof.go.jp を許可設定すればOK)。

| | コメント (0)

朝日新聞の記事捏造の余波

毎日新聞を見てたら、

発信箱:ねつ造防止マニュアルはない=山田孝男(毎日新聞)
(略)朝日新聞の「虚偽メモ」検証報道(15日)からくむべき教訓はそのあたりかと考えていた折、フリージャーナリストだという女性から毎日新聞に「記事ねつ造の再発防止策を教えて」という依頼が舞い込んだ。
取材先を間違えたのかと思ったが、大手メディアの言い分を自分のブログに並べて各社の姿勢を見るのだという。そこで当社の防止策は「人間が組織や機械に埋没しない新聞づくりに徹することです」とお答えした。質問書に「ねつ造防止のための社員教育や罰則について具体的に教えてほしい」という添え書きがあり、これには大いに引っかかった。
ねつ造をいかに防ぐかという記者教育は、いかに盗みをさせないかという警官教育と同じくらい奇妙である。「ねつ造する記者」や「盗みを働く警官」の存在を当然の前提とし、マニュアル(手引書)で矯正するような新聞社や警察は解散した方がいい。マニュアルやトレーニングではなく、職業倫理の根幹の問題である。
こんな記事が掲載されてた。
内容自体に不満があるのだが、気になったのが「フリージャーナリストだという女性から」「大手メディアの言い分を自分のブログに並べて各社の姿勢を見るのだという」。
…はて、何やら思い当たる人物が…。
まさかなーと思いつつ確認したら、「当たり」でした。
GripBlog ~私がみた事実~
『記者クラブの表と裏』のシリーズ。他社の回答文も掲載されてるので興味ある人は。

して、この毎日新聞の回答を見て「おやー」と思ったのが、例えの部分。
確かに捏造は記者個々人の問題なのだが、「警官の盗み」とは性質が違うだろう。
職業の根幹に関わる部分なのだから、「警官による違法捜査」とか「自白の強要」「調書の偽造」に近いものだと思うのだが。
勿論、警官が盗みや覗きをすると、警察の信頼が揺らぐので、そこは同質だと思うのだが、コトの重大性を考えた場合、「警官の盗み」を同列の例えに用いるのは、なんかおかしい気がする。
そこがどうも不満だし、なんか違和感。

| | コメント (1)

新ローマ法王を巡って非難合戦、イギリス紙vsドイツ紙

新ローマ法王にドイツ人が選ばれたのは言うまでもないことですが、これを巡ってイギリスの新聞とドイツの新聞がヒートアップして非難合戦をしてるそうな。

新ローマ法王:英紙「ナチスに関与」と批判 独国内、戸惑いと怒り--就任ミサ(毎日新聞)
(略)英大衆紙サンは20日、「ヒトラーの若者が法王になった」と1面で報じたほか、大衆紙が相次いで法王の過去を報道。さらにインディペンデント紙は22日、45年5月にトラウンシュタイン周辺で、ユダヤ人など数千人が強制収容所から別の町に護送され、途中で数十人が射殺された事件を報道。「法王も当時この町にいたかもしれない」と法王が虐殺に関与したかのように報じた。
ドイツ大衆紙ビルトは「法王への侮辱」「おろかな歴史観」「英紙はもう黙れ」と反撃。一般紙も「法王は国籍とは無関係なはず」(南ドイツ新聞)と戸惑いを見せている。
なにやってんだ…。
記事だと「海外メディア vs ドイツメディア」ということになってるが、例として出てるのはイギリスの新聞のものばかり…。
たまたま字数の関係でこうなってるのか(例がイギリスばかりになったのか)、それとも本当にイギリスのメディアだけがヒートアップして、「イギリスメディア vs ドイツメディア」になってるのか、気になるところ。

まぁ事実は事実としても、憶測で「法王も当時この町にいたかもしれない」とか書くのはちょっとな…。

| | コメント (0)

楽天がフジサンケイに接近していた?

「ライブドアvsフジサンケイ」関係で面白い記事があったのでリンク。
幻のスカパーWOWOW合併、株争奪戦の原点は米投資会社主役の再編劇(日経ビジネス/日経BP社)
ライブドア騒動の陰で潜行するメディア進出、楽天がフジサンケイに接近(日経ビジネス/日経BP社)

「また楽天が横から出てきてかっさらうんじゃないの」という『冗談』はよく聞きましたが、ホントにそういう「選択肢」も有り得たようですね。
「プロ野球の時の二の舞いはやめた方がいい」という判断は的確でしょうね。
いくらなんでも立て続けに二回は。

| | コメント (0)

「au」端末がフリーフォントを無断使用

なんか大騒ぎになってます。

フリーのオンラインフォントが、au製端末上で無断使用される(窓の杜)
フリーのオンラインフォント「Major Kong」が、au製の“au design project”による携帯電話「PENCK」のテンキー上で無断使用されているという情報が、昨日あたりよりWeb上で話題になっている。この情報の原発信者は、フォント「Major Kong」の作者である足立 裕司氏。同氏がフォントを公開していたサイト“9031”上に掲載された情報が、Web上で話題となったことが発端だ。(略)
「PENCKのフォントを作ったのは私です」──真の作者にKDDIが謝罪(ITmedia)
ややこしいので細かいところは元記事を。
au(KDDI)は既に認めて謝罪してるようですが。

この手の問題はたまに起きますが、不誠実な対応をする会社もあるなか、auの素早い対処は評価できるか。
しかし気が付いて良かったようなものの…。
携帯端末のことなんて全く気にしない私のような人なら、絶対に気付かなかっただろうな。
企業はちゃんと「データの出所」に気をつかってほしいものです。

| | コメント (0)

爆発物騒ぎの正体は大人のオモチャ

ドイツの話ですが。

小包が「振動」、警察に爆弾通報--ダッチワイフの不具合(ロイター/CNN)
ドイツ中部、ケムニッツ市の警察当局によると、市内の郵便所で配達待ちの小包が「振動」し、「不思議な騒音」も聞こえたことから、爆発物と思い込んだ職員が警察に通報、調べたところ、「ダッチワイフ」に内蔵された電気仕掛けの装置が不具合を起こしているのが分かった。(略)
送り主の男性によると、ダッチワイフを購入したものの、スイッチを入れなくとも、作動するトラブルが起き、製造元へ返送する途中だったという。
男性は、郵便所で、人形から電気のバッテリーを外し、改めて、製造元へ送り返したという。
初めっから外して送れよ(笑)。
警察に通報されたから「事件」になったけど、シチュエーションによっては「ホラー」になる話だな。
このニュースの感想。

(最近の)ダッチワイフって動くんだ

こうして余分な知識が増えて行く…。

| | コメント (0)

「愛人」と「再婚」は可能か?

『チャールズ皇太子、再婚』。テレビニュースで知ったのだが、ふーん、と思った。
まぁ驚いたが、それだけだ。
が、しかし。
Yahoo.トピクをふと見ると「チャールズ英皇太子再婚へ 長年の愛人カミラさんと」。
ええ゛ー?

いや驚いたのは、別に内容ではなく、書き方のほうだ。
このトピクは共同通信が配信したもので、『チャールズ英皇太子再婚へ 長年の愛人カミラさんと』となっている。
私がなにを言いたいかというと、「長年の愛人カミラさんと」。おかしいでしょ?

そもそも「愛人と再婚」なんて日本語がおかしい。なんで愛人と再婚できるのだ?
「愛人」というからには、結婚してる「本妻」がいるのだ(一般的な概念として)。
「本妻」が居なければ「愛人」は作れないのだから、「愛人」と「再婚」は出来ない(結婚の前に離婚しないとない。離婚したら愛人は「元愛人」になる)。
同様の理屈で「愛人と離婚」することも不可能だ。結婚相手のことを「愛人」とは呼ばないからである。

確かにダイアナ元妃との結婚中は「愛人関係」にあったのだろう。しかし、離婚した以上、その段階でもう「愛人」ではなく、ただの「交際相手」「恋人」と呼ぶのが正しいだろう。
離婚したのは随分前の話だし、またダイアナ元妃も何年も前に亡くなっている。
離婚して以降の「こっち側」何年かは愛人関係ではなく、ただの普通の交際だったのだから、それを「愛人」呼ばわりするのはどうなのか?
もし離婚したのが昨日今日であれば「愛人と再婚」でも許容範囲だと思うが、離婚したのはえらく前の話だ。

なにをバカなタイトルつけてんだ、ってことでポータルサイトを一回りして一通り調べてみた。

チャールズ皇太子、カミラさんと4月8日結婚(読売新聞)
<英皇太子>「さらばダイアナ」愛人カミラさんと再婚へ(毎日新聞)
チャールズ皇太子、再婚へ 長年交際したカミラさんと(朝日新聞)
チャールズ英皇太子が再婚へ 長年交際のカミラさんと (産経新聞)
チャールズ皇太子が再婚へ(日本経済新聞)

チャールズ英皇太子、カミラさんと再婚へ(ロイター)
チャールズ英皇太子が再婚、交際相手のカミラさんと(ロイター)
チャールズ皇太子、再婚へ=4月8日にカミラさんと挙式-英(時事通信)
チャールズ皇太子が再婚へ 長年の交際相手と(共同通信)
チャールズ英皇太子再婚へ 長年の愛人カミラさんと(共同通信)
英チャールズ皇太子が結婚へ、英王室発表、4月か(CNN Japan)

河北新報なども「愛人」と書いてるが、これは共同通信のものをそのまま流してるせいなので省き、また複数あるものは時間の経過で記事タイトルが変更の上再配信されてるものなのでそのまま載せた。2月10日22時現在のまとめ。

こうして見ると、共同通信の第一報と、毎日新聞が「愛人」と書いてる。念の為、毎日新聞を見たのだが、これは自社記事で、共同通信のものを転載してるわけじゃない。
冒頭に書いたような理屈で「長年の愛人と再婚」はおかしいと思うし、まして結婚すれば正式に妃殿下になる人なのだから「愛人」呼ばわりするのはどうなのだ?(「元愛人で長年の交際相手」ならまだ良いと思うが)。
いや個人のレベルではそれでもいいと思うのだが、一般紙がそういう書き方をするのに違和感がある、という意味である。
世間話で「あの愛人だった人ねー」というのはまぁわかるんだが、一般紙が書くかね。
私は今までも書いてる通り、毎日新聞の読者なので残念な限り。

ちなみに毎日新聞の記事を読むと、『結婚によりカミラさんは「コーンウォール公爵夫人」の称号をもらう。チャールズ皇太子が国王に即位した後はクイーン(王妃)ではなく「国王夫人」と呼ばれることになる。』らしい。
「国王夫人」か。なるほど。
英皇太子:「さらばダイアナ」愛人カミラさんと再婚へ(毎日新聞)
Yahoo!ニュース - イギリス王室

追記
翌朝に実際に配達された紙面では単に「再婚へ」の表記で、愛人云々はナシ。但し、記事自体はWeb版に残っているので、修正されたのではなく、刷り版による変化(字数削減)の模様。

'05/02/13 追記
面白いコラムが載ってたので再度追記。

東論西談:英皇太子の再婚 「なぜカミラ」永遠の謎(毎日新聞)
(略)再婚発表直後の世論調査では65%が再婚に賛成したが、皇太子が国王に即位したらカミラさんをクイーン(王妃)と呼ぶべきだとの回答はわずか7%。皇太子がエリザベス女王を継ぐのに同意する人は37%で、皇太子を飛び越え長男ウィリアム王子が即位するのがいいという人(41%)を下回る異変が起きた。
再婚はご自由に、でもあなたは国王にはふさわしくない--。これが皇太子に対する平均的英国民の今の感情だ。(略)
カミラさんは世間をはばかってか、ダイアナ元妃と同じ「プリンセス・オブ・ウェールズ」の称号を自分から辞退し、周囲に「将来もクイーンと呼ばれなくて構わない」と語っていたという。そこまで決心を固めた50代後半の離婚経験者同士の道行きを、英国民はもはや強引に引き留める気分にはなれなかった。(略)

| | コメント (0)

選挙、戸別訪問認める方向?

選挙制度を時代に合わせてくのはいいことだが。

「戸別訪問認めても」首相が衆院予算委で答弁(読売新聞)
衆院予算委員会は8日、政治とカネに関する集中審議を行い、小泉首相は選挙運動としての戸別訪問について「時代も変わり新しい選挙制度にもなったことだし、方向性としては認めてもいいのではないか」との考えを示した。公明党の山名靖英氏の質問に答えた。(略)
これはやめてくれ。
どこぞの政党が選挙になるたび「これはビラじゃなくて新聞だ」というタテマエでゴミをポストに放り込んでいくのですらウザくてかなわんのに、訪問までされてたまるか。
邪魔だ。

もし許可するなら、「訪問拒否リスト」の作成をしてくれ。
政党や議員毎に「拒否」あるいは「許可」のリスト登録。
「拒否」登録した家に訪問したりビラを放り込んだら即刻アウト。罰則。連座制適用までしてくれれば尚可。
ああ、ちゃんとネットからもリスト登録できるようにしてね。

それを一緒に導入するなら、どうぞお好きに。

| | コメント (0)

着信表示はやっぱり信用できない

少し前に、着信番号通知も信用できないらしいと書きましたが。
また同様の手口が発生してる模様。

振り込め詐欺:新手、自宅の番号で着信--長野で未遂3件(毎日新聞)
長野県東部で20日、新手の振り込め詐欺とみられる未遂事件が3件あった。いずれも被害者の携帯電話に被害者の自宅の番号を発信元として表示させ、強盗が家に上がり込んだり、家族を誘拐したように装って現金の振り込みを要求。県警は注意を呼びかけている。

県警丸子署によると、20日午後1時半ごろ、同県丸子町の女性会社員(34)の携帯電話に「母親を預かった。現金を用意しろ」などと男の声で電話があった。携帯電話には、被害者の自宅の番号が表示されていた。通報を受けた署員が確認したところ、自宅の電話が使われた形跡もなかったという。同様の電話は、丸子町と川上村に住む男性2人にもかかったが、いずれも被害はなかった。

なんというか。手口がとても幼稚。

以前の事件は、警察署の番号を「通知」して示談を薦めるという手口だったが、今回は誘拐の示唆。
普通、誘拐を示唆されたら誰でも警察に駆け込む。
昔ならいざしらず、「金を要求された段階で既に殺害されてた」なんて事件が多いんだから、当然だ(身内同士の事件ならともかく)。

そこに頭が回ってないあたり、とても幼稚。
…が、こんな幼稚なことやらかすバカにまで通知偽装の手口が伝わってるのが問題で、今後増えることが予想できる。
「オレオレ」(わざとです)にせよ、架空請求にせよ、元は頭のいいヤツ(別に誉めてるわけではない)が極少数でひっそりとやっていた。が、バカがマネするようになって、ここまで一般化してしまった。
たぶん初期にやってたヤツはとっくに足を洗って逃げてるだろう。
ああいうのを考える人の身上は「ローリスク」で警察が本気になり始めた時点で逃げてるだろう。
今捕まってるのは「マネ」をしてるほうのやつらだ。

発信者番号を偽装した「振り込め詐欺」に注意(INTERNET Watch)
長野県警は、着信時に表示される発信者番号を偽装して現金を要求するいわゆる「振り込め詐欺」の未遂事件が発生したと発表した。こうした中、ドコモやauでは、ユーザーに対し注意を呼びかけている。

(略)なお、ドコモからドコモの携帯電話にかけた場合や、auからauの端末に発信した場合には発信者番号を偽装できないが、他のネットワークを使った場合については、両社ともに「現在調査中」としている。コールバックサービスなどを利用して発信者番号を偽装したことも考えられるようだ。(略)

そんなわけで。番号偽装は今後、一般化するだろうから、今から「あんなもん信用できん」と覚えておく、あるいは周りの人に注意しとくべきでしょう。

インターネット日和: 着信表示も信用できない

| | コメント (0)

年賀状一万通、5日遅れで配達

14日付けのニュースですが。

発送漏れ:郵便1万通、5日間配り忘れ--神奈川・綾瀬郵便局(毎日新聞)
神奈川県綾瀬市の綾瀬郵便局(上平充局長)は13日、8日から12日までに扱った郵便のうち、1万776通の郵便物が発送漏れになっていたと発表した。郵便物は13日配達された。
12日午後に、横浜旭郵便局(横浜市)に利用者から「差し出した郵便物が届かない」と連絡があり、発覚した。調べると、郵便物を運んだ後の空の輸送容器(台車)を置く綾瀬郵便局内の場所に、郵便物を積んだままの容器が1台あった。中には、横浜旭郵便局で引き受けた、年賀状約4500通を含む1万通を超える郵便物が入っていた。容器は横浜旭郵便局から8日に同郵便局に運ばれたもので、5日間放置されていた。原因は調査中。(略)
かなり初歩的なミスっぽい。
1月中に届いただけマシか?

インターネット日和: 5ヶ月遅延の年賀状
去年のは(直接的には)郵便局のミスではないけども。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧