日経レストラン「テーブルチャージなどに関するアンケート」の結果

3月に飲食店に関するアンケートがあって…というのを書きました。
で、その集計結果が出たので見てみたんですが。
テーブルチャージなどに関するアンケート(日経レストラン)
テーブルチャージ等については、まぁこんなもんかなという内容。
ただ「うわっ」と思ったのが「お通し・突き出し」の料金。

頼みもしないのに着席すると出てくるヤツですが「その料金を払うかどうか」という質問で、

さて、気楽に利用する居酒屋でも請求されるお通し・突き出しの代金はどうだろう? 「常に拒否して払わない」は1%とごく少数だが、「下げてもらえるなら、断って払わない」と、勝負に出る人が7.7%いらっしゃる。さらには、「(ちゃっかり)食べるが、支払わない」という強者が2.8%
すけー(笑)。
私はどっちかというと、特に事前の説明がない限り、断って下げてもらう(金は払わん)派だが、さすがに「食うけど払わん」というのは無理だ。
ちょっと尊敬する(笑)

ちなみに回答総数は7790人とあるので、その2.8%だから、えーと……………ちょっとだな(マテ)
日経レストラン ONLINE

インターネット日和: 飲食店の明朗会計

| | コメント (0)

モスバーガー、1000円のハンバーガー発売

モスバーガーは前から「高級志向」で差別化を計ってましたが、一個 1000円のバーガーだそうです。

モスバーガー:「匠味十段」1000円で発売(毎日新聞)
「モスバーガー」を展開する大手ハンバーガーチェーンのモスフードサービスは16日、販売価格が1000円のハンバーガー「匠味十段」を発売する。単品で1000円台のハンバーガーは大手チェーンでは初めて。同社では「最高品質のハンバーガー。食べてもらえれば、1000円以上の値打ちを理解していただけるはず」と自信を示している。
(略)「十段」は、緑色の看板の「緑モス」(全国287店)で、毎日午後2時から1日10個限定で販売する。
素材に拘ってるらしい。
写真見ると、かなり食いにくそう(笑)。
これ、注文したらどういう風に出てくんだろ。普通のバーガーと同じ? 「緑モス」って入ったことないんだけど。
これだとちゃんと皿に載って、フォークくらいは付けてほしいな(笑)。

| | コメント (0)

飲食店の明朗会計

私は幾つかモニターとかアンケートサイトに登録してるのだが、今回、飲食店のテーブルチャージやサービス料金についてのアンケートがあった。
「請求されたらどうするか」とか「どういう店なら請求は妥当か」という質問。

んで、前者についてはまぁ明示してればいいんじゃないかと思うんだが(私は利用しないが)、問題は後者。
どういう店なら請求されて当然か。
これはなかなか難しい。
選択肢には「ホテル内の店」とか「高級クラブ」「バー」などがあったんだが、うーん?

高級クラブなんかはまぁ「請求されても仕方がない」かとは思うが、「請求されて当然(当たり前)」だとは思わないのだなぁ…。
『店の中の「場」自体がサービス、エンターテイメントの空間ですんで』とか、そういう論理は分かるんだが、だったら入場料でも取れよ、遊園地みたくと思うわけで。
そういうのは会員制にするなり、前払いでいいぢゃん? と。
実際ホントの高級クラブは会員制だろうしね。
食うもん食って、あーなんかここの店のは好みじゃないなー、と思って、さぁとっとと店を出ようと思った矢先、会計で後払い請求されるのはな。

確かに水商売系の飲食店(クラブとかパブというのか)は「ホステスと話しをすること」自体がサービスだろうから話すだけ話して酒一杯しか飲まないとかいう客はウザいことこの上ないだろうけど、だったら最初に入店の段階で預かり金を取って、10分以内に店を出た場合は返しますよ、とかそういうのはアリだと思うのだが。
「高級レストラン」なんかも同じ。ていうか、レストランって料理がサービスなのに、料理の代金の他に別途料金取るのはワケワカラン。料理の代金の中に含めるべきだろう。

そんなことを色々考えてみたが、やはり後払いでテーブルチャージとかサービス料というカタチで請求するのはどうかいなという結論になり。
一概にサービス料やテーブルチャージ代を「請求されて当然」だと思うシチュエーションが思いつかなかったので、「その他」にチェックして、
ぼったくりバー
と入力しときました。
ぼったくりバーならまぁ請求されて当然でしょう?(笑)。そういう店なんだから。
勿論、ぼったくりが良いかどうかは別問題として、だが。

インターネット日和: 日経レストラン「テーブルチャージなどに関するアンケート」の結果

| | コメント (0)

コーヒー豆の使い方

先日、挽いてないコーヒー豆を買ってきてしまい、さてどうしたものか(ミルなんてもんは無い)と思い掲示板で聞いてみたところ、「コーヒー酒」ってなもんを教えてもらったのでメモ。

コーヒー酒
材料:コーヒー豆50gに対し、
   ホワイトリカー 0.9L
   グラニュー糖 100g

・密閉できる容器をよく洗い、容器の中にグラニュー糖を敷き、更にコーヒー豆を入れる。
・ホワイトリカーを静かに注ぐ。
・3週間ぐらい、暗くて乾燥している場所に置いておく。(冷蔵庫は低温すぎるので却下)
・3週間ぐらい経つ頃には、ほんのり琥珀色になっているはず。

苦みに弱い人は漉して豆を取り出す。
この状態でもOKだけど、瓶詰めなどにして更に寝かせておくと美味しくなる。

ホワイトリカーと氷砂糖。
梅酒を造るのと大体同じか(子供の頃、祖母が造るのを手伝ってた)。
「コーヒー酒」なんて聞いたことなかったのでビックリ。

で、調べてみたところ、日本酒で造る方法もあって、こっちはホントに単純に漬けておくんだそうだ。砂糖とかは入れずに。
「コーヒー豆 使い道」とかでググると色々出てくるので、ヒマな人、あるいば「挽いてない豆が大量にっ」という慌てんぼうさん(居ないか)は調べてみると吉。

某掲示板で教えてくれた人感謝。
でもホワイトリカーなんてもんを買ってまで造るのもなぁ、ってことで豆はそのまま放置してあるのは内緒です(笑)。でもいつかは飲んでみたいなぁとも思う、コーヒー酒。

| | コメント (0)

科学的な二日酔い防止法

これから酒宴のシーズンなわけです。クリスマスに忘年会に新年会に送別会(?)に。まぁ別に会社勤めしてない私には関係ないですが。で、日経にこんな記事が。

ピックアップ 二日酔いしない飲酒量は計算式でわかる! (日経BP)
酒宴を楽しむには、血中アルコール濃度が0.15%を超えないようにするのが大事なポイント。空きっ腹で飲み始めると、短時間で血中濃度が高くなるので注意したい。
肝臓がアルコールを代謝する能力には限界がある。通常、健康な人が1時間に分解できるアルコール量は、体重1キログラムあたり約0.1グラムだ。体重60キログラムの人ならば、1時間に約6グラム、3時間では約20グラムのアルコールが代謝できる計算になる。(以下略)
ということで、この「科学的」な根拠でもって計算をして、自分の「二日酔いせずに済む」許容量を調べてしまおう、と。そういう記事です。

急性アルコール中毒になる目安も書かれてるので、覚えておくといいでしょう。
知り合いの大体の体重はわかるわけで、カンじゃなく科学的に「それ以上はヤバイからもうやめろ」と注意できるわけで。
あと「意識が朦朧とする量」もわかるので女性は覚えておくと身のためになるでしょう。
ま、問題は、自分も相手もみんな酔っ払ってるときに、この式で出た答えを思い出せるかどうかでしょうが…。
酒をあんまり飲まない参加者に事前に渡して「これ超えたら止めてね」とかやってくといいかもしれません。

楽天ブックス


| | コメント (0)

高級食材はそんなに美味いのか?

ふと食べ物に関する記事がないなということで書こうと思ったものの、書く話が…。なんかあったかな。
そういえば私、二十数年生きてきて今だマツタケとかフグを食べたことがないですな。
あと松坂牛とかもない。
普通、一度くらいは食べたことあるもんなのか?

私の親は二人とも所謂「サラリーマン」じゃないので、お歳暮とか暑中見舞いで、なんてことがなかったんですよね。あと、ちょうど私の年代って物心ついた頃にはバブル崩壊してたので、そのせいもあるのかも。
ただ、私が育ったところは港町だったので海産物は食べまくってました。ええ。
私、塩ウニ嫌いでした。しょっぱいから。生ウニはWelcome。
あんなもん、買ってくるもんじゃなくて知り合いのおっちゃん(正確には親とか、祖父母の知り合い)が発砲スチロールに無造作に入れて持ってきて、自分で剥いて好きなだけ食うもんでしたから。
ウニやアワビを買うものだとは知らなかったですよ(いやホント)。
…ま、上京してから「おー、そういうもんなのか」と知りましたが。

それはそれとして。
マツタケもフグもまぁ食べてみたいといえば食べたいものの、何が何でも食べたいとも思わないのですよ。
これはおかしいのか?
いや、そりゃぁ一回くらいは食べてみたいなーという好奇心はありますが、それは「ヤンキースタジアムのホットドックを一回は食べてみたいなぁ」というのと同レベルの「食べたいなー」であって、そんな何万も出してまで食べたいほど食べたくもないんですよね。
2万円目の前に出されて、これで好きなだけフグが食べられるところにいくか、宅配ピザとって残りの金を懐に入れるかと問われたら、迷うことなく後者を選びますもん、私。
そして残った金で本を買いにレッツゴー。

でも世の皆様はそうじゃないからマツタケやフグや松坂牛にあんな高値がつくんだろうな。
私にとったら「流行」とか「ブランド」なんて懐疑的に見る対象でしかないもんな。うーん…。
…そうか、だからモテないのか(*゜▽゜) ……ハァ_| ̄|○
##グルメ系の TBセンターに TBしようかと思ったけど怒られそうだからやめとこう。

| | コメント (0)

麦茶にレモン

麦茶+レモンの絞り汁。
前になんかの本(マンガの1コマだったかなぁ)で見て、へーっ、と思い頭に留まってたのだけど、そうそう試す機会もなかった。
んが、今日、台所にいったら何故かレモンの切れたのが数切れ残ってた(なんでやねん)。
今だーっ、ということで早速試してみました。レモン、勿体無いし。
コップに氷入れて、麦茶を入れて、おもむろにレモンの切れ端をぎゅむぅっと。で、氷が溶けて冷えた頃合を見て飲んだ。

結論:まぁまぁ、そこそこ、それなりに。

なんか微妙。悪くはないけど、わざわざこのためにレモンを1つ買ってきて輪切りして使うほどでもないなーというカンジ。酸っぱさが暑さ対策にいいかんじはするけれど。
わざわざ買ってきてまですることもないけど「暑いけど麦茶飲むのも飽きたなー。おや、こんなところにレモンの余りものが!」なんてシチュエーションのときには試してみるといいかもしれません。
………普通の家で「おや、レモンが余ってる」なんてそうそうありえませんが……。

| | コメント (0)