『毎日かあさん』に武蔵野市が苦情

たまには記事書こう、と思いつつニュース眺めてたら、こんなんが。

「毎日かあさん」論争、表現の自由か教育的配慮か(読売新聞)
文化庁メディア芸術祭賞を受賞した漫画「毎日かあさん」を巡り、作者の漫画家西原(さいばら)理恵子さん(40)と東京・武蔵野市の間で論争が起きている。
西原さんの長男(8)が通う同市立小学校が、西原さんに「学校を作品の舞台にしないでほしい」と申し入れたためだ。
「表現の自由への圧力」と抗議する西原さんに対し、市側も「正当な教育的配慮」と譲らない。双方が文書で主張を繰り返す事態となっており、9月2日の同市議会でも取り上げられる予定だ。(略)
…んー。
「毎日かあさん」といっても、毎日新聞読んでない人にはわかんないと思うので、
MSN-Mainichi INTERACTIVE 毎日かあさん
こんなやつです。こんなかんじで、バカガキをバカガキだと言いながらも愛のあるかんじに描いてあんですよ、毎回。
実名がわかるカタチで出てきた記憶はないし、少なくとも第三者には個人を特定することは不可能(同級生の保護者間ではわかるだろうけど)。
バカだなんだとは描いても、別に中傷する論調での描かれ方ではないんですよね。

ワケわからん。

まぁ、「五大バカ」の親に直接苦情言われたというなら、西原さんは配慮する必要があると思うわけですよ。それは。
いくら表現の自由といっても、当事者に苦情を言われたら、それは考慮すべきだし、それこそ「教育上の配慮」をしないとない。
しかし、これ、学校側が勝手にヒスってるだけだろ。
例えば描かれた保護者が学校を通じて正式なカタチで抗議・苦情を言ってきた、とかいうならわかる。しかし、そういう話は一切書かれてない。読売が書いてないってことは、実際にも無いのだろう。
伝家の宝刀「教育上の配慮」「プライバシー保護」。当人が言ったらそりゃ配慮しないとないが、外野が先走って言うのは?
大体「五大バカ」ってのはたぶん保護者間での呼び方(暗黙の了解)が先で、西原さんが勝手に独断と偏見で命名したわけじゃなかろうし、あくまで愛のある愛称に過ぎないでしょう。
「もー、また服ドロだらけにして、バカなんだからー」とかいうニュアンスの「バカ」であって、「テストで100点取れないような子はご飯抜きです、このバカが」というようなニュアンスの「バカ」ではない。
少なくとも「毎日かあさん」の全体の方向性として「別に勉強なんて出来んでもいいよ」という雰囲気なので、勉強が出来ないという意味の「バカ」であっても、それが即効で中傷的な意味だとは読者は思わないだろう。
読んでればわかる。

『作品中に『武蔵野市』の固有名詞もあり、児童の人権に教育的配慮を求めることは当然』。
じゃあ「武蔵野」という名称を使わなければいいのか?(笑)。学校が言ってるのはそういうことだよな。
具体性がない。ただの保身。
読んだらフィクション(誇大表現)であることは簡単にわかる。

『学校には不特定多数の児童がおり、配慮するのは当然だと思う』。
多数の子供が居るから、外野には誰のことだかサッパリわからん(特定不可能)わけだが。
もし武蔵野に市立学校が一つしかなく、生徒が10人くらいしかいないなら特定可能だから大問題だけど。武蔵野ってそんな過疎地だっけ?(笑)。

『父母の一部から「学校とトラブルを起こすならPTA活動に参加しないでほしい」と告げられたのを機に』とあるので、まぁ保護者の間にも「気にいらん」という人はいるんだろう。
いくら少子化といったって百人単位で人が集まってんだから、気にくわんとかなんとかいう人が出てくるのは当然だし仕方ない。
しかし、それはそれ、これはこれってやつですよ。
一律にバカがいかんだのなんだの言葉狩りするのは話にならんし、「子供は誉めて育てるもの。一言たりともバカとかいっちゃいけません!」なんてのは笑ってしまう。それこそ「女王の教室」でも見たほうがいい。
日本テレビのほうがよほど「教育上の配慮」を欠いてますよ?

追記
忘れてましたが、西原さんのサイトでこの件に関して「声明」が掲載されてます。
鳥頭の城/Saibara Riezo Official Site

| | コメント (0)

高山みなみさん、「コナン」作者と結婚

……え?

「名探偵コナン」声優と原作者が結婚!(日刊スポーツ)
人気アニメ「名探偵コナン」のコナン役で知られる声優高山みなみ(41)と、同アニメの原作者で漫画家の青山剛昌氏(41)が結婚していたことが1日、分かった。関係者によると、3月に高山が、青山氏に逆プロポーズ。高山の誕生日の5月5日に、都内の区役所に婚姻届を提出した。 (略)
高山みなみさんが結婚…?
つーか青山センセ、独身だったの?
っていうか……え゛…? エイプリルフール…?

え゛ーーーーーーーーーっ?( ̄□ ̄;)

年齢一緒だったんだな(現実逃避)
漫画家x編集者とか漫画家同士はまぁよく聞くし、声優同士ってのもよく聞くけど、漫画家x声優ってのは、あんまり聞き覚えがないな。
しかしこれ、『コナン』の他の共演者とかスタッフ、やりにくくないか…?
インターネット日和: 緒方恵美が入籍

| | コメント (0)

よく見掛ける誤解について

だから。
林原めぐみじゃなくて、大原めぐみだっつーのヽ(*`Д´)ノ

似てるけどさ、確かに…。

ドラえもん:テレビ朝日

| | コメント (0)

思えば年をとったものだ

たまに聞く話だが。

ジャンプを見たら、「新人」作家のフロフィールに書かれた生年月日が、自分より遅かった。
つまり、自分より年下だったのですよ。
ああ、俺ももう年だなぁと思った(といっても、私はまだ20代前半だが)。

んまぁ、今までも何人かはいたのだが、そういう人は「特殊な例」だった。
しかし今回、よくよく考えてみたら、今後掲載される「新人」作家の年齢は、私より若い人ばかりになっていくんだろうなぁと。
前、ベテランの漫画家が後書きに、「自分より若い編集者ばかりになった。年だ」と書いてたが、私もそんなかんじ。

あと数年すれば「平成生まれの連載漫画家」も出てくるんですよ、きっと。というか、小説家とかはいるはずだ。平成生まれ。少女漫画も高校生でデビュー、なんてよくある話だし。
そんなことを考え。
思えば年をとったものだ、と(繰り返すが私はまだ20代前半だ)。

話が少し変わって、今日『篠原涼子、市村正親と6月にも結婚か』と報道されてますが。
なんとなく記事見たら「女優篠原涼子(31)と俳優市村正親(56)が.....」。31?
もう三十路なのか。
なんかテレビじゃ二人の年の差のほうに注目が集まってるようですが、私としては篠原がもう三十路になってたことがショック。そりゃ、俺より若い作家がどんどんデビューするはずだ。
篠原涼子、市村正親と6月にも結婚か(日刊スポーツ)

って、誤解されそうだから書くと、私は別に彼女のファンではない。ただ、単純に、あの「ストリートファイター」のアニメ(懐かしい)の主題歌を歌ってた人がもう三十路なんだなと。
そういう感慨。

…はぁ…(遠い目)。

| | コメント (0)

パイオニアLDCはどうなった?

長らくアニメを見てなかったのだけど。
去年、『げんしけん』と『ToHeat R』を見たわけです。ウン年ぶりにリアルタイムで追い掛けて。んで、「ジェネオンってナニ?」って思ってたんですよ。聞き覚えない会社名だから。
角川系か、avax系の新会社なのかのぉ?…くらいに思ってたのだが。

それはそれとして脇に放置していたのだが。
ちょっとヤボ用があったので「そういや、パイオニアLDCってどうなったん?」と検索かけてみたら、『2003年10月、パイオニアLDC株式会社はジェネオン エンタテインメント株式会社に社名変更いたしました』。
……あーーーーー(納得)。
なるほどねぇ…。

検索にかかった記事を見ると、
パイオニア、電通にパイオニアLDCを譲渡(AV Watch)
なるほど。しかし、Impress Watch,系に載ってるのに、なんで気付かなかったのか謎だ。
記事は、2003年7月17日付。……一年半ほど、気付かなかったのか…。
ま、一時期テレビ壊れてたしな(遠い目)。

ところで「AV Watch」てチャンネル名、どうにかしないのかしら?
語感がなんか…。未成年者用のフィルタリングソフトに引っ掛かりそうなんですが。今更変えないかな。

ジェネオン、パイオニアLDC時代のアニメDVDを低価格で再販(AV Watch)
Geneon Entertainment

| | コメント (0)

『タッチ』も実写化

先月、『H2』ドラマ化のときに「『タッチ』じゃなくてヨカッタ」と書いたんですがっ。

「タッチ」が実写で復活(デイリースポーツ)
漫画家あだち充氏(53)原作、アニメとしても大人気だった「タッチ」が実写で映画化されることになった。13日、都内で行われた東宝のラインアップ発表会見で発表された。ヒロイン・浅倉南は映画版「世界の中心で、愛をさけぶ」でアキを演じた長澤まさみ(17)が務める。上杉達也・和也の双生児の兄弟は現在キャスティングの詰めに入っている。

長澤まさみヒロインで「タッチ」実写映画化!!(夕刊フジ)
東宝が13日、平成17年の配給作品26本(「ハウルの動く城」など含む)を発表。人気漫画「タッチ」が、今年最大のヒット映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロイン役、長澤まさみ(17)主演で初めて実写映画化されることになった。
長澤は会見し、「原作を意識しないで、さわやかですてきな女の子を演じたい」などと話した。
はぁ~。
映画か。
まぁドラマよりはマシか。ドラマだと三ヶ月間、無差別に番宣見せられるから苦痛以外のなにものでもない。

がっ、映画でもCMやるんだろうなぁ…。映画だと公開前後の一ヶ月くらい? 別に実写映画をやんのは勝手だけど、CM流さないでくれんかな。もしくは、ただのイメージCMにしてほしいな。それならいくらでもやってくれ。
しかし「タッチ」を2時間の映画にまとめるのは、かなり無理がないか? 相当薄っぺらい内容になりそうな気が。時間をかけてやる分『H2』のドラマのほうがマシのような…。

あと、原作意識しないのはいい。うん。絶対に意識しないでやってくれ。そのほうがいい。
いっそ名前変えてくんないかな。
ああ、なんならタイトルも変えてくれてかまわんよ。出来るだけ原作を意識させない方向でがんばってくれ。その調子で頼む。

'04/12/15追記
TBがきてたので見に行ったんですが(「負け犬のブルース」さん)、見て思った。
ああ、もういっそ日高さんにやらせればいいぢゃんっ、と思ったのは俺だけじゃなかったんだなと。ちょっと安心(笑)。

インターネット日和: 『H2』実写ドラマ化

| | コメント (1)

再放送中「フランダースの犬」

今、BS2で昼間に日本アニメーション制作『フランダースの犬』の再放送やってます
子供のときに見てたなぁと思いながらふとつけてみたのだけど。
絵、こんなだったっけ?

なんか古ー。実際古いんだからしょうがないけど、うーん。こんな絵だったっけか?
なんかもっとキレイだった気がすんだけど、美化されてたんだなぁ、記憶が。他の部分。声とかは違和感ないのだけど。
あとストーリーを全く覚えてないことが判明。見てても全く既視感がない。
大抵、昔見たことがある作品見ると、少なからず「あー、確かここでアレがそうなんだよなぁ」と思い出せるもんですが、それが全くないです。

で、「あれ、これっていつのアニメなんだっけ?」と調べてみたら『『フランダースの犬』は毎週日曜日よる7時半からの「世界名作劇場」シリーズの第1弾として、1975年1月5日~12月28日まで、フジテレビ系列にて全国放送されました』。
ごめん、まだ俺生まれてないや(笑)。
あれ? なんでだろう。確かに俺は子供のときにこれを見てるはずなのだ。
とすると、俺が見てたのもまた再放送だったのか、それとも1975年の後にもう一度作られていて、そっちを見たのか…? いやでもリメイクされてるという記載はないし…。
うーーーーーーん…?( ̄д ̄ )

まぁ再放送だったんだろうなぁ常識的に考えて…。

日本アニメーション株式会社編集: フランダースの犬(絵本アニメ世界名作劇場)
日本アニメーション株式会社編集: フランダースの犬(絵本アニメ世界名作劇場)
まさか @niftyBooksにはないだろうと調べてみたら、本出てるのね…。

追記
最終回まで見たのだが。
…なんつーか、これって、冷静に見るとstrong>救いどころがない鬱アニメだな。
除け者にされ、ビンボーに泣き、報われることなく最後「もう眠いよ、パトラッシュ」。
……うーーーーん。
日本アニメーションの名作アニメって、大人になってから改めて見ると「こんなん子供に見せるのかっ」ていう鬱っぷりに驚きますが、『ペリーヌ物語』とか、まぁハッピーエンドになるものが多い。
…んが、しかし、『フランダース』は最後の最後まで賞は取れないし、「もう眠いよ、パトラッシュ」だし。んーむ…。

| | コメント (0)

「よつばと」3巻

『よつばと』第3巻出ました。
「あれ、なんか値段高くない?」と思ったのだけど、帰ってきて確認したら1・2巻も600円だった。
今回も単行本読んだあと、「電撃大王」読んでも話が繋がる収録のされかたしてますね(第15話-第21話)。
連載のほうを一ヶ月休んだおかげか、絵もかなり手直しが入ってるみたい(見た印象)。

今回も前回の冊子のようなものを配布してたりしないよなと本屋をくまなく見てみたものの無かったので、今回はやってないみたいです。

で、よつばスタジオサイトでは毎度恒例の「お絵かき」大会やってます。
よつばスタジオ

インターネット日和: よつばとお盆(少しネタバレ)
インターネット日和: 「よつばと!」の冊子に時間軸設定が…

| | コメント (0)

『H2』実写ドラマ化

あだち充「H2」山田&石原でドラマ化(スポーツニッポン)

「タッチ」などで知られる人気漫画家・あだち充氏の代表作の1つ「H2」が来年1月からTBSで連続ドラマ化(木曜後10・00)される。タイトルは「H2~君といた日々~」で、主人公の高校球児・国見比呂を山田孝之(21)、ヒロインの古賀春華を石原さとみ(17)が演じる。監督は堤幸彦氏で、ヒットドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」に続き山田とタッグを組む。(略)
ええ゛ー?
『H2』ってビミョーな。それとも『タッチ』じゃなくてヨカッタ、と思うべきなのか。
うーん…。

『H2』ってテレ朝でアニメになったけど、アレは結局、途中で終わったんだよね。
連載期間が'92-'99とあるから、途中で原作追いついて尻切れで終わったんだと思ったが(いかんせん昔のことなので記憶が曖昧)、実写にする前にアニメのほうを終わりまで作ってくれませんかねぇ…。見たいんだけど、実写はいらん。
大体、これ、いつまでやるのか書いてないけど、やっても半年くらいだろうからテレ朝のアニメと同じく中途半端な尻切れトンボで放送終了になりそうだ。
てことで昔放送された分の再放送と、その後-最終回までのアニメを制作・放送してくれ。テレ朝でも日テレでも、NHKでもいいから。TBS? TBSは「ああ女神さまっ」をちゃんと作ってくれればそれでいいや。
なんにしても実写はいらん。

'04/11/24追記
Google.からなんか人がくるなぁと思って調べたら、キーワードの組み合わせによっちゃ最初に表示されますね、ここ。
人がくるのにこれだけだとあんまりなので、リンクを追記。
・山田孝之(国見比呂):TAKAYUKI YAMADA OFFICIALYahoo カテゴリ
・石原さとみ(古賀春華):Yahoo!/石原さとみ プロフィールホリプロ
こんなかんじだそうです。
……うーーーーーん…?

'04/12/14追記
………アレか。小学館は、あだち充ファンにそんなにイヤガラセをしたいのか?( ̄д ̄;)
インターネット日和: 『タッチ』も実写化

'05/01/08追記
放映を間近(1/13~)に、かなりアクセスが。しかし、皆様がなにを求めてここにくるのかよくわからんので追記のしようがなかったり。ううん…。とりあえず、TBSの公式サイトへリンク。
「H2」公式:TBS
あらすじとか出演者インタビューとか結構充実してます。

| | コメント (0)

よつばとお盆(少しネタバレ)

「お隣さんが留守」話とうとうきたなぁ…。
しかし、女の子っぽい服も持ってたんだな…。とーちゃんのことだから、買ってすらいないのかと思ってましたが…。
セリフ、少しネタバレになってしまいますが、

「マッチ売りの少女みたいだ」
「あー、いえにひー、つけるやつな?」

それはダメだろう…_| ̄|○

来月はお隣さんが戻ってきた話かな。今度は「ふーかのおみやげ」か「えなのおみやげ」だろうか。
しっかしA-ZONE.(あずまきよひこ氏のサイト)のヒットラー話が何回見ても面白くて仕方ない。
うーん。

よつばスタジオ

インターネット日和: 「よつばと!」の冊子に時間軸設定が…
インターネット日和: 「よつばと」3巻

| | コメント (0)