« イチロー・シート | トップページ | 「OFFICE 2003」資格講座に「合格保証コース」 »

深夜映画『月光の囁き』

特に期待せず深夜映画で『月光の囁き』というのを見たんだが、なかなか良かった。
序盤、10分~30分くらいはかなり萌える青春映画。
その後、少しずつ転落していくのだが、青年マンガ雑誌(ヤンジャンとか、ヤンマガ)レベルで、そんなに酷くハードというわけでもない。

月光の囁き(99年、日活)
同じ運動部に所属し交際を始めた高校生カップル。彼の特異な性癖が発覚し2人は破局を迎えるが、やがて彼女も自らの隠れた一面に目覚め、彼とともにゆがんだ愛の世界に落ちていく。
(監督) 塩田明彦
(出演) 水橋研二/つぐみ/草野康太/関野吉記/井上晴美
こういうかんじ。
んで、見てて「アレ?」と思って調べたら、ああやっぱり正志っ。
「噛ませ犬」になってしまう「先輩」。『街』(ゲームね)の金曜日だ。
名前で言うなら、草野康太さん。
結構、顔が違いますが、シーンによって「ああ金曜日っ」というところがチラホラと。

と、話を戻して。
一応ハッピーエンドと言えるのかな、アレは。
なかなか面白い映画だったので機会があれば是非是非。マゾっ気が少しでもある人(なんとなく気持ちが理解できる人)とかは特に(笑)。
こういう「掘り出し物」が見付かるから好きなんですよね、深夜映画。

'05/04/18追記
この次の週(4/14)に同じ塩田監督の『害虫』が放映されましたが、こっちは微妙だった。
終わりかたがイマイチ…。

調べてみたら DVD出てるんですね。『月光の囁き ディレクターズカット版』。
個人的には、『害虫』より『月光の囁き』のほうが好きだな。
『月光の囁き ディレクターズカット版』DVD 3940円(送料別)(ぐるぐる王国/楽天市場)

|

« イチロー・シート | トップページ | 「OFFICE 2003」資格講座に「合格保証コース」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。