« こんくらべ | トップページ | 葬儀川柳コンテスト »

@nifty スパム対策でドメイン認証を導入

より踏み込んだ対策を開始するようです。
@nifty、迷惑メール振り分けや送信ドメイン認証など迷惑メール対策強化(INTERNET Watch)
フィルタの強化と、ドメイン認証の導入。
フィルタのほうはともかく、ドメイン認証が大きいですね。

ニフティが導入するのは、「Sender ID」と「Domain Keys」の組み合わせだそうです。
難しいことは抜きにして、簡単に言えば通常のメールでは、From欄(差出人のアドレス)の詐称が可能です。
例えば、ニフティのアドレスを持ってないのに、勝手に「xxxxx@nifty.com」を名乗ってメールを送信し、迷惑メールフィルタを潜り抜けることが可能でした。
これが問題になって出来たシステムが、この「Sender ID」や「Domain Keys」で、要はメールに「xxxxxxx@nifty.comからの送信です、証明書はこれです」と付記するシステム(簡単に言えば、です)。
メールサーバーに到着した時点で送信元の身元を確認して、ニセモノなら受信を拒否してくれます。

最も、これは他の ISPも導入しないと効果が薄いんですが、ユーザー数が多いニフティが導入することに意味がある。良くも悪くも誰かが始めれば一気に広まるのがこの世界(笑)。
短期的に言っても、これが稼動すると、送信元に「xxx@nifty.com」を詐称して送られてくるスパムは相当数減る筈です。
日本のISPとしては、IIJが導入すると発表してましたが、実際に導入・稼動するのはニフティが初めてか?
IIJ、迷惑メール対策に送信ドメイン認証技術を導入(Broadband Watch)
今後、他の大手 ISPも追随してくれると良いのだが。
こういう「横並び」は大歓迎。

ちなみに、大抵の人はスパムを受信してもどうしたら良いかわからず消してたでしょうが、今後はニフティに報告するよう心掛けましょう。せっかくの報告機能ですから。
ま、少し手間ですけど。

インターネット日和: ニフティ ID宛に大量のスパムメール
インターネット日和: ニフティ、スパムでメール遅延・受信拒否で対応

|

« こんくらべ | トップページ | 葬儀川柳コンテスト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。