« モスバーガー、1000円のハンバーガー発売 | トップページ | 「au」端末がフリーフォントを無断使用 »

爆発物騒ぎの正体は大人のオモチャ

ドイツの話ですが。

小包が「振動」、警察に爆弾通報--ダッチワイフの不具合(ロイター/CNN)
ドイツ中部、ケムニッツ市の警察当局によると、市内の郵便所で配達待ちの小包が「振動」し、「不思議な騒音」も聞こえたことから、爆発物と思い込んだ職員が警察に通報、調べたところ、「ダッチワイフ」に内蔵された電気仕掛けの装置が不具合を起こしているのが分かった。(略)
送り主の男性によると、ダッチワイフを購入したものの、スイッチを入れなくとも、作動するトラブルが起き、製造元へ返送する途中だったという。
男性は、郵便所で、人形から電気のバッテリーを外し、改めて、製造元へ送り返したという。
初めっから外して送れよ(笑)。
警察に通報されたから「事件」になったけど、シチュエーションによっては「ホラー」になる話だな。
このニュースの感想。

(最近の)ダッチワイフって動くんだ

こうして余分な知識が増えて行く…。

|

« モスバーガー、1000円のハンバーガー発売 | トップページ | 「au」端末がフリーフォントを無断使用 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。