« 「中年太り」の謎 | トップページ | 静岡地裁「口座譲渡は犯罪幇助」賠償命令 »

「Sleipnir」後継ソフトは6月公開予定

昨年11月、PCが盗難にあい開発中止に追い込まれ、12月に新版の開発を表明していた国産タブブラウザ「Sleipnir.」ですが、今年6月をメドに公開するとのこと。

Sleipnirの後継版、6月頃リリース予定~公式サイトで開発状況公表(INTERNET Watch)
(略)公式サイトからリンクが掲載されているWebページ「次期ブラウザ進捗状況」によると、次期ブラウザの名称はすでに決定しており、開発も順調だという。
'(略)現行のSleipnirとほぼ同等の操作性やデザイン、機能の選択もできる見込みだが、互換性については、「お気に入り」「スクリプトの API」以外は引き継げない可能性もあるという。場合によっては移行用のコンバータも用意するとしている。
「Sleipnir」の後継Webブラウザーは6月ごろリリース予定(窓の杜)

12月の段階では「半年後くらいに」という表現だったので、なかなか順調のようです。

インターネット日和: 新「Sleipnir.」開発開始へ:盗難騒ぎから一ヶ月
インターネット日和: 「Sleipnir.」ソースコード紛失で開発停止

|

« 「中年太り」の謎 | トップページ | 静岡地裁「口座譲渡は犯罪幇助」賠償命令 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。