« 「Sleipnir」後継ソフトは6月公開予定 | トップページ | パイオニアLDCはどうなった? »

静岡地裁「口座譲渡は犯罪幇助」賠償命令

以前も同種の判決が出てますが、

損賠訴訟:「口座譲渡は犯罪ほう助」 詐欺に使用、賠償を命令--静岡地裁(毎日新聞)
「紳士録商法」の被害に遭った静岡市の男性(78)が、詐欺で使われた口座を容疑者に譲渡した東京都内の男(35)に270万円の損害賠償を求めた訴訟で、静岡地裁(友重雅裕裁判官)は11日、「譲渡により詐欺の犯行が容易になっており、犯罪のほう助行為にあたる」として110万円の支払いを命じた。
原告の弁護士は「振り込め詐欺などで譲渡した通帳が使われるケースが後を絶たず、譲渡者を犯罪のほう助者として認定した判決は画期的だ」と話している。
(略)この男性は03年に口座名義人の男性を割り出し、損害賠償を求めて提訴した。容疑者は逮捕されていない。
裁判では男性に賠償責任があるかが争点になり、被告側は「違法行為に口座が使われる認識は一切なかった」などと主張した。しかし、判決は「譲渡目的の口座開設は犯罪行為に利用される危険性があり、厳しく非難されるべきだ」と述べた。
ないすっ。
以前も同種の判決が出てるので、「口座譲渡は民事裁判で賠償請求される」ことが明確なったか。
…まぁ「ようやく」ですが。

そういえば「ハギオギ」記事のときも書いたけど、ナンですな。
ナイスな判決を出した裁判官の名前はちゃんとリストにでもしたほうがいいよなぁ…。悪いことしたときだけ取り上げるのは宜しくない。
しかし、私は別に法律畑の人じゃないので、ウォッチするにも限度が。うーん…。
…何か良い手はないものか…。

以前に出てる同種の判決
インターネット日和: 「伝説の詐欺師」"ハギオギ"に賠償命令

|

« 「Sleipnir」後継ソフトは6月公開予定 | トップページ | パイオニアLDCはどうなった? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。