« 一周年お祝いメッセージの謎 | トップページ | MSNサポートからの怪しいメール »

ベリサインの認証マーク

日本ベリサインの認証マークが変更になっているのには気付いてたが、なんで変わったんだろうと不思議に思っていたら、Impress Watch,に記事が載ってました。
ま、記事といってもぶっちゃけ広告記事なんですが(笑)、面白ければいいわけで。
日本ベリサインの“シール”が変わった!(Impress Watch)
なんか色々と興味深いことが書いてあるのだけど、例えばサーバー認証情報の保管場所について

サーバ証明書は、絶対に間違ってはいけない大事な部分をお預かりしています。どういったハードウェアで運営するか、どういった人、従業員が運営するか、どういった場所に運営局を設置しなければならないかなど、さまざまな面に渡って厳しいルールで運営されています。運営局自体のセキュリティも万全で、複数回の関門をくぐらないとアクセスできないようになっているんです。目の虹彩で認証、ひとりのスタッフでは入れず、必ず複数で入る、しかもパートナーを代えて複数回認証しなければならない、など非常に厳格なものになっています。
うわ厳重だ…。

他にも幾つか面白いことが書いてあります。
「マークはよく見るけど内容がよくわからん」て人は目を通してみるといいです。
ちなみに小手先の工夫で画像だけを切り取って貼り付けてるフィッシングサイト(詐欺サイト)は多数あるので、「旧シールは信用しない」ことと「シールをクリックしてアドレスを確認する」ことは覚えておいたほうがいいです。
というか、信用情報入れる前にチェックするクセをつけるべきでしょう。
最近は見た目だけはちゃんとしている詐欺サイト、多いので。

|

« 一周年お祝いメッセージの謎 | トップページ | MSNサポートからの怪しいメール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。