« 科学的な二日酔い防止法 | トップページ | 何杯でもいける「ごはんのおとも」百選 »

社保庁:端末操作は45分毎に15分休憩

おー。いい職場だな。

・自民、社保庁に疑念 「45分ごと休憩」「県外異動なし」 覚書破棄後も不変?(産経新聞)
「四十五分働いたら休憩十五分」「他県への転勤はなし」-。十六日に開かれた自民党の社会保険庁改革合同会議で、同庁が職員労組と結んでいた労働条件などに関する「覚書」(確認事項)の実態がやり玉に挙がった。(略)
 【社保庁と職員労組の主な確認事項】
・オンライン化に伴う首切り(定員削減)は行わない(昭和54年)
・社会保険事業の円滑な推進を図る一環として、定年退職者の雇用を行う(昭和61年)
・オンライン化された窓口装置の連続操作は45分以内。45分ごとに操作しない時間を15分設ける。1人1日の操作時間は180分以内(昭和63年)
・都道府県の定員見直しや、都道府県を越えた定員の異動は行わない(平成7年)
・業務集約化の実施にあたっては「社会保険事務所中心主義」に立ち、社会保険事務所の統廃合・縮小や定員の削減を行わない(平成16年)
・基礎年金番号を「国民総背番号」「納税者番号」などに結び付けることは社会保険庁として考えていない。「徴収の一元化」「歳入庁構想」について同調する考えはない(平成8年)
目に優しいのは確かだな(笑)。

てか「端末操作は」か。その部分を端折って「45分ごとに休憩してる」とだけいうのはちょっとどうかと思うけど。もちろん、どっちにしても「いい待遇だな、おい」なことは確かですがね。
今時、事務処理する仕事なんて日常なわけで、45分ごとに休憩は有り得ないだろう普通。
確かに、在る程度の制限はつけないとない(頭痛の元になるし)けど、45分ごとに15分はやりすぎ。2時間に10分くらいが妥当?

ところでゲームの取説には「ゲームは一時間毎15分休憩してね」と書かれてますが、私、ゲーム会社でデバッガー(テストプレイヤー)してたとき、四時間毎に30分程度の休憩でしたよ?w
始め知ったときは「アレはタテマエかよ」と突っ込みたくなりましたが…。

|

« 科学的な二日酔い防止法 | トップページ | 何杯でもいける「ごはんのおとも」百選 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。