« TV-CMのダンシング・コアラ | トップページ | お札っぽい名前? »

Winny.ウィルス・作成者をほぼ特定

先週末、Winny,で個人情報を漏洩する新たなウィルスが報告された。
例の如く、ITmedia.に小林氏の詳細な記事が載って、ふむふむと読んでいた。
晒しは一線を越えた」、新種のトロイの木馬Winnyで出回る(ITmedia)

で、ネットエージョントによると、このウィルスの製作者(というか、今のところあくまで"一次配布者"だろうが)をほぼ特定したとのこと。
デスクトップ画像をWinnyで流通させる正体不明のウイルス~ネットエージェント杉浦氏「開発者はほぼ特定」 (INTERNET Watch)

(略)ネットエージェントでは、10月24日にこの正体不明のトロイの木馬型ウイルスをWinny上で発見。その後の調査により、10月22日にウイルスが発生したことが判明した。さらに、杉浦氏は「感染経路などにより、開発者もほぼ特定している」ことも明らかにした。(略)
んが、ここで気になるのは「で、どうすんの?」。

ほぼ特定した。IPのログも保存してあって裁判にも耐えられる証拠になる。それはいい。
どうすんだ? 誰か器物破損で被害届け出してるのか?
そういえばウィルス作成罪ってもう成立したんだっけ?
…と思って検索してみても「成立した」という記事がみつからん。ので、アレコレと調べてもみつからん(この間、約一時間近く)。しょうがないので法務省のサイトを見てみた(政府関係のサイトはPDFが多いし見難いので、いつも後回し)。
……まだ継続審議中?( ̄_ ̄;)
第161回国会(臨時会)提出主要法律案 (法務省)
ちなみに所謂「ウィルス作成罪」を含む法律案は正式には「犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」という。

とりあえず「ウィルス作成罪」が成立していない以上、警察が勝手に動くわけにはいかない。どーすんだ?
Winny.のモノの性質上、誰かが告訴するとは思えないし、第三者機関が訴えようにも訴える理由が…。
うーん?
まぁ、とりあえず、ネットエージェントは所々にいけ好かない部分はあるけれど、今回ばかりはお手柄です。

|

« TV-CMのダンシング・コアラ | トップページ | お札っぽい名前? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。