« 日米野球と米国Yahoo.の日本語広告 | トップページ | メアド乗り換え »

架空請求事業者「中央債権回収サービス」の容疑者逮捕

長野県警、架空請求事業者「中央債権回収サービス」の容疑者を逮捕(INTERNET Watch)

(略)拳銃と実弾約50発を所持し銃刀法違反でも起訴されている萩原被告は氏名不詳の者と共謀して、架空の会社名「中央債権回収サービス」を騙り詐欺を働いた。須坂市の女性などに対して「電子通信料金未納分について、通信会社からの委託を受けた」などと書かれたはがきを郵送し、「料金の未払い分で訴えられている」と偽って、約100万円を2回に分けて送金させたという。(略)
やっと捕まったか。
この調子で他の業者も片っ端から捕まえておくれ。
容疑者の名前が「萩原」だから、うん?、と思ったけどオークション詐欺の「ハギオギ」は「荻村」だから関係ないか。一瞬驚いてしまった。
インターネット日和: 「伝説のネット詐欺師」はただの口座屋

|

« 日米野球と米国Yahoo.の日本語広告 | トップページ | メアド乗り換え »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。