« 「UD Agent」天然痘ウイルスの解析完了:2chチームが世界トップ | トップページ | 日米野球と米国Yahoo.の日本語広告 »

コーエー、中国で海賊版業者に勝訴

コーエー、中国の海賊版ソフトに一撃(日経ビジネス/日経BP社)

ゲームソフト大手のコーエーが、同社製品の海賊版を製作した中国企業を相手に現地で損害賠償などを求める訴訟を起こし、実質勝訴したことが、本誌の取材で分かった。日本のコンピュータソフトウェア著作権協会では、今回、日本企業が中国の海賊版業者を訴え、主張が認められたことについて、「恐らく初めてで、画期的なケースだ」と話している。
(中略)合意した賠償額をコーエーは明らかにしていない。中国の同種の訴訟事例では、最高数百万円程度と言われ、下手をすれば訴訟費用も賄えない。それでも訴えを起こした理由について、小松清志社長は、「悪質業者に『コーエーの海賊版を作るのはリスクを伴う』と、分からせれば、海賊版製作を思いとどまらせる抑止力になる」と話す。
コーエーの実質勝訴は、海賊版問題で中国の司法システムが機能することを確認できた点でも意義が大きい。さらにこれを機に、中国で日本企業による同種の訴訟が相次ぐ可能性もある
いや、いいっすね。赤字になるのが目に見えていてもやることはやる。拍手。

「前例」ができたのだから他の大手にも追随してほしいものです。国内の大手メーカーが順番に、各社一回ずつ訴訟起こしていったら、それだけでもかなりの抑止力になるでしょうから。
まぁWTOに加盟しても海賊版が減らないのは、売ってる人が生活かかってるからで、それを無くすと失業者が溢れる。だから当人達はもとより当局も積極的には取り締まらないと聞いたのだが(中国に留学してる日本人の知り合いに)、訴訟を積み重ねれば、全廃は無理でもマーケットを縮小させることは可能なはずで、頑張って欲しいもんです。

|

« 「UD Agent」天然痘ウイルスの解析完了:2chチームが世界トップ | トップページ | 日米野球と米国Yahoo.の日本語広告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。