« Cellの概要発表:PS3は '06年? | トップページ | ココログアフィリエイトはコピペ可能か? »

「母国語」とはなんぞや?

少し前に『最も美しい英単語は「マザー」』という記事を書いたわけだ。
簡単に言うと「英語を母国語とせず第二外国語として使ってる人に聞いてみました」アンケートの結果についての記事。んまぁこれ自体は別にいいんだが、はたと思ったことがある。
母国語ってナニ?

メールをやり取りしてる知り合い(ほとんどレスがこないので一方的に送りつけてるようなもん)に、日系アメリカ人がいる。「日系」といっても当人は人種的には混じりっけのない日本人(♀)。
要は、両親共に日本で育った日本人なのだが、渡米をして生活をしていて生まれたのが彼女。生まれ育ったのはアメリカなので、国籍的にはアメリカ人なわけです。DNA的には大阪人なんだが。
そんなわけで、彼女は日本語も英語もオッケーな、所謂バイリンガルなわけです。で、その人のことを考えたときに、
はて、彼女の「母国語」はなんだろ?
…んなことを思ったわけです。
彼女は国籍的にはアメリカ人なわけですから、「"母国"語」というい字面をマジメに解釈すれば英語ということになるのでしょう。一応辞書を調べても「所属している国の言葉」とあるので。
しかしだな、文化的には日本人なわけですよ。両親共日本人なんだから。お年玉ももらってるしね(笑)。
反面、アメリカの社会で育ち生活してるわけだからアメリカ人でもあるわけですよ。
まぁ素直に彼女の「母国語」は英語だとしますよね。

彼女は日本に来たがってるんですよね。親は向こうで仕事してるが、当人は日本で仕事をしたいとのたうちまわってるわけです。その願いが叶って日本に来て生活して、そのまま日本人と結婚したとしますよね。
国籍的には日本人になるわけです。さて「母国語」はなんだ?
国籍が変わっても母国語の概念は一緒だから変わらないって?
でも、彼女の日本語は完璧なので(フツーの日本語なので)、何も知らない人の前で英語で話し出したら大抵の人は「おー、この人は英語もできる人なんだ、すげー」と思うでしょう(実際はアメリカ育ちなのに!)。外から見た場合、彼女の母国語は日本語で、第二外国語が英語ということになっちゃうわけですよ。

私は生まれてこのかた日本から一歩も出たことがなく、外国人なんて皆無の町で育ちましたから私の母国語は明らかに日本語なわけですよ。で、英語を覚えたら、英語が第二外国語になる。とってもわかりやすい。
しかし上のような例を考えた場合、「母国語ってなんやねん」と思ってしまったわけである。
「母国語」という言葉がダメなのかしら?
うーん…?

|

« Cellの概要発表:PS3は '06年? | トップページ | ココログアフィリエイトはコピペ可能か? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。