« ITmedia.と @ITが合併 | トップページ | 最も美しい英単語は「マザー」 »

米・任天堂、マリナーズの筆頭株主に

といっても、山内氏個人の持分が法人としての米・任天堂(NOA)に売却されたためで、実質的には前と変わらないようだが。
任天堂の米子会社、大リーグのシアトル・マリナーズの筆頭オーナーに(ロイター)

任天堂は、中間決算発表の席上、米国子会社が米大リーグのシアトル・マリナーズの筆頭オーナーになったことを明らかにした。米子会社が、任天堂の山内溥相談役(前社長)が持っていた米国の球団運営会社「ザ・ベースボール・クラブ・オブ・シアトル」(資本金1億2500万ドル)の持ち分6700万ドル(約70億円)を8月末までに取得したため。以前は山内氏個人が筆頭オーナーだった。 (略)
任天堂は、山内氏から「自分の持ち分が別のところに行くよりも」と、任天堂に取得を持ち掛けた、と説明している。(略)
というか、個人としての山内氏が筆頭株主だったのか。
すげぇ…。サスガだ…。
億単位の損を出した社員に「それっぽっちのことで辞表なんて出すな」と言っただけのことはある。さすが。

インターネット日和: イチローに任天堂株のボーナス

|

« ITmedia.と @ITが合併 | トップページ | 最も美しい英単語は「マザー」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。