« 最も美しい英単語は「マザー」 | トップページ | 「よつばと」3巻 »

メールデコード機能を使ってみる

スパム対策でメアドを記載してないが、不便だよなぁと思うわけです。
で、少し考えた結果、ニフティが @homepage用に提供してるメールデコード機能を使ってメールフォームを置いて、それへリンクしとけばいいぢゃん、という結論に。
ということで試してみましたが、実用的じゃないと判明。

いや、メールフォーム自体はちゃんと機能したんですよ。メールフォームを書き込んだ HTMLを、@homepageのほうにアップしたらなんの問題もなく送信できました。送信先のアドレスはニフティのメアドに限定されないことが確認できました。
あと、どうせダメだろうと思いつつ、このココログのプロフィールページにタグを追記して送信テストしてみたら、なんの問題もなく送信できました(!)。http://homepage*.nifty.com/*/からじゃないとダメかと思ったんですが、なんか大丈夫みたいです。思いっきり文字化けしてましたが…。
それはいいのですが、しかぁし。
送られてきたメールのヘッダを確認しても、何処にも私(送信者)のIPが記載されてない

普通、メールフォームからの送信は悪用された際に対処できるよう、ブラウザから送信作業をした人の IPアドレスをメールの何処かに追記するもんですが、@homepage用のメールデコード機能には、これが無い!
つまり「念のために送信者のIPを取得したいな」と思ったら自分でメールフォームのページにアクセスしてきた人の情報を取得するか、問題が起きた後でニフティにいちいち問い合わせる必要があるということ。前者の場合、送信されてきた時刻とログを突き合わせて「推測」できるだけですから、確実に特定するにはどっちにせよニフティに聞かねばならんわけです。
まぁ確かに普通に使ってる限り、まず悪用はされませんが、「念のため」をしておくのがサイト運営の基本なわけで、これだと使いモノにならないなと。何故デフォルトで追記してくれないのか不思議。

ただ前述の通り、何故かプロフィールページに設置(タグ追記)してもメール送信が可能なので(いいのか?)、その辺のことを全く心配しない人にはいいかもしれません…が、文字化けするんですよねぇ…。
どうにもこうにも…どう使えと…。
もしかすると、ココログのスペース内にタグを記載した HTMLをアップして送信すれば大丈夫かもしれませんが、そこまでしたくもないので(それなら @homepage内に置く)、実験してません。htmlファイルはアップすると消せなくなるし。
外部機能を使わず、メアド非公開で問い合わせ用の機能の提供をするには、管理人だけが投稿を閲覧できるBBS(私書箱システム)を設置するしかないのか? うーん。

追記
てこれ、@homepageでサイト作ったことない人には意味不明か。ニフティの会員用@homepageは CGIは設置できるけど、sendmailは使用不可なので、メール送信機能を使うには公式提供のメールデコード機能を使うしかなく、メールデコード機能がイヤな場合はメールを送信しないCGIで我慢するしかないのです。

|

« 最も美しい英単語は「マザー」 | トップページ | 「よつばと」3巻 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。