« 「脂肪つきにくい」油、低温発火に注意 | トップページ | 怖い組織名 »

HIV とエイズの違い

うーん、何回見てもワケがわからなくなる。
HIVとエイズの違いは? 厚労省がトークショー(共同通信)

12月1日の世界エイズデーを前に、厚生労働省とエイズ予防財団(東京)は28日午後、東京都港区の六本木ヒルズアリーナで「HIVとエイズの違い、知っていますか?」と題し、タレントの飯島愛さんや専門医らによるトークショーなどのイベントを開く。
エイズはHIV(エイズウイルス)に感染して起こる病気で、HIVに感染してもすぐには発病しない。昨年1年間の国内のHIV新規感染者とエイズ患者の報告数はどちらも過去最高で、計976人になった。(以下略)
なんかいい覚え方はないものか。

HIV の V は Virus.(HIV は、Human Immunodeficiency Virus)だと覚えればいいんだけど、覚えてらんない。
HIVはウィルスの名前、エイズは発症する病名。エイズ患者は HIVに感染してるが、HIV感染者は、エイズを発症してるとは限らない。
うーむ…。
ちょっとした拍子にこんがらがりそうだ。


服部 雅博著: 「HIV」と暮らす(集英社新書 0073)
(集英社:「HIV」と暮らす―感染者ワライの幸せの秘密)

|

« 「脂肪つきにくい」油、低温発火に注意 | トップページ | 怖い組織名 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。