« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

第二次大戦・日系人強制収容を正当化する声

「日系人強制収容、正当だった」論争 米ワシントン州の島、揺るがす(毎日新聞)

第二次世界大戦中、米西海岸に住んでいた約12万人の日系人が強制収容所に入れられた。この中にはワシントン州ベインブリッジ島の日系人227人も含まれていた。島の中学校が今年2月、強制収容の歴史を教える特別授業を始めたところ、「強制収容は正しかった」と主張する住民が登場し、島を揺るがす論争が続いている。背景には、同時多発テロ(01年9月)以降、「市民の自由」より「安全保障」重視に傾く米国の社会風潮がある。
本文を読まないと正しく理解できそうにないのでリード部分だけ引用。
まぁ数で見れは気にするほどでもないでしょうが、ヤレヤレ…。
ちなみに、Web版にはありませんが本紙(10/25 朝刊)には写真が載っていまして、文中触れられてませんが件の「マリー・ダンブラウスキ」さんは中年くらいの白人女性のようです(白黒写真なので断定はしませんが)。

ま、何人だろうが人種差別なんてする気はないのでどうでもいいですが。

しかし「日系人の命救った」正当な収容なら、なんで同じ「枢軸国」であるイタリア人、ドイツ人は無差別収容しなかったのか、摩訶不思議。

| | コメント (0)

着メロのPC版「受メロ」

本サイトのほうに書いたんですが、どっちかというとこっち向きだなぁということでここにも。

何かというと『受メロ2』というPCソフトの話。
単純な話、ケータイの着メロのPC版なんですが、ありそうで無かった(と思う)ソフト。
これは所謂メールチェッカーというやつで、定期的にメールサーバーにアクセスして新着のメールがあると、音楽や動画で知らせてくれるというソフト。で、あらかじめ設定しとけば、特定のメールアドレスからのメールがあれば、特定の音楽や動画、画像を表示して知らせてくれるわけです。ケータイと同じですな。

ティッカー(文字表示、とでも言えばいいか?)機能があるので「今から作業するから、いきなり音楽再生されると邪魔」なときはモードを切り替えておけばいい。
実用的なソフトというよりアミューズメントソフトですが、常時接続して用事があるときだけモニタの電源入れるようなライトユーザーには便利そうです。効果音は数秒ですが、音楽なら数分鳴りっぱなしなので聞き逃さずに済むと(まぁ効果音として長いファイル指定しときゃいいんですが)。
メールチェッカーソフトというと、軽さをウリにするものがほとんどだと思いますが、こういう機能をウリにしたソフトも面白いなぁと気に入ったんです、はい。

そんなわけで、簡素なものじゃなく楽しいソフトが好きな人は一度体験版を試してみては如何かと。ちなみに正規版の値段は約3000円。ただのメールチェッカーとしては少し高めか。ただ携帯の着メロと違って、手持ちのCDをリッピングして使える(追加費用がかからない)ので、アミューズメントソフトだと思えば妥当なところですかね。
「ソフトは簡素で、軽くて目立たないものがいい」という人には不要でしょうけれども(ティッカー機能のために3000円出すのもアリか?)。

ソフトの公式サイト:受メロ2
発売元のサイト:(株)テクノクラフト

インターネット日和: メールチェッカーソフト「受メロ2.5」

| | コメント (0)

タブブラウザの仕様に対するセキュリティ上の懸念

これは所謂、バグ(不具合)ではなく、タブブラウザ全般の基本的な仕様に対して懸念が出たという話ですが、
「Sleipnir」「Firefox」などのタブ切り換え型Webブラウザーに存在する脆弱性(窓の杜)
主要ブラウザのタブ機能に、共通のセキュリティバグ (ITmedia/CNET)
こういうのが警告出てます。

で、窓の杜の記事が詳細で役に立つんですが、私が使ってるDonut Rapt.がテストに含まれてないので試してみたところ、どうもアヤシイ。
「影響を受けない」状態というのがどういう状態なのかわからんので断言はできませんが、問題の概要を見る限り、Donut Rapt.は両方影響受けるように見えます(私の誤解の可能性もあるので念の為←と書きましたが、RAPT氏のほうでも確認できたとのこと)。
手口は既に公開されていますし、これはMozilla.や国内で普及してる IEコンポーネントを使ったタブブラウザ全般に影響があるので Secunia.の実験ページを使った確認手順を書きます。悪用しないように。

テストの仕方(窓の杜の記事を参考)
・ダイアログの偽装問題
実験サイトである、
Secunia - Multiple Browsers Dialog Box Spoofing Test
にアクセスします。「Open this Link in New Tab」で新しいウィンドウ(タブ)を開きます。リンク先はシティバンクのページです。右クリックかSHFTの同時押しで新ウィンドウで開き、実験ページのタブは閉じずに、シティバンクのアドレスのタブをアクティブにして少し待ちます。
テキストボックスがポップアップするので文字を入力。ここでアクティブになってるのはシティバンクのアドレスなので、ユーザーはシティバンクのサイトが表示したポップアップだと思ってテキストボックスに文字を入力、送信します。
が、このダイアログは実際には、元のページ(Secunia.のページ)が表示したダイアログでシティバンクのものではないのです。ここで元のページ、Secunia.のページのタブをアクティブにして確認すると「2)Result」にシティバンクに送信した(と思い込まされた)はずのテキストが。

・フォーカスの強制固定
実験サイト、
Secunia - Multiple Browsers Form Field Focus Test
にアクセスします。「Open this Link in New Tab」で新しいウィンドウ(タブ)を開きます。今回もシティバンクのサイトが開きますんで、実験ページのタブはそのままにして、シティバンクのタブをアクティブに。
画面の中央・右に zip code.を入れるフォームがあるのでここに数字を入れてみます。数字を打ってるはずなのに画面にはなんにも出ないはずです。はてブラウザがおかしいんでしょうか…?
そんなことはなく、実際には元のページ(Secunia.のページ)がデータを横取りしてるせいでシティバンクのフォームに文字が出てないだけで、Secunia.のページをアクティブにして見ると「2)Result」にシティバンクのフォームに入力したはずの数字が…。
ちなみにこのウィンドウを開いたままにしているとウィンドウに関係なくフォーカスを奪われて正常なブラウズが不可能になるので、用事が終わったら閉じましょう。

で、私はこれを、Donut Rapt#51+IE6SP1/Win98でテストしましたが影響が出てるように見受けられます。
私の誤解だといけないので、BBSのほうには書かず、Rapt氏に直接メールしておきますが。
ひとまず、銀行などのサイトを使うときは、タブブラウザを使わないか、他のサイトは開かずに銀行サイトだけ表示させて取引したほうがいいでしょう。念の為。

'04/10/23 追記
RAPT氏(作者)からメール返信。Q16でテストし、再現。(モノの性格上)根本的な対策は難しそうだが、なにか出来ないかやってみるとのこと。
今公式ページ見たらここ、リンクされててちょっとビクリw(参考としてメールに付記したからですが)。よく考えたら公式サイトにちゃんとリンクしてなかったなとリンクを追記。
・公式:Donut RAPT 配布所

'04/11/11 追記
一般的な「フィッシング詐欺」について面白い解説記事があったので貼っておきます。
目で見る「アドレスバー偽造型」フィッシング詐欺の手法(ITmedia)
アドレスバーを上書き。確かに初心者は騙されるなこれ…と実感。まぁIEをデフォルトで使ってない人にはあんま関係ない気もしますが。

'04/11/18 雑記
インターネット日和: 「Sleipnir.」ソースコード紛失で開発停止
RAPTさんが「ソースをバックアップ」云々と書いてるのはこの関係ですな。リアルのセキュリティも大事です…。

'04/12/09 追記
来る人かなり減りましたな。
で本文のほうにちょっと関連する新しい「懸念」が発表されてます。
複数のブラウザにポップアップウィンドウをハイジャックされる脆弱性(INTERNET Watch)
主要Webブラウザにポップアップウィンドウ偽装の脆弱性、フィッシング詐欺につながるおそれ(ITmedia)
JSを使って、ポップアップウィンドウを強制的に書き換える。
基本的なノウハウや予防法としては、この記事の本文のものと一緒ですね。細部が違いますけど。

| | コメント (0)

クジラのヒゲの使い道

ヒゲ3トン宙に浮く 商業捕鯨時代の“遺産”(産経新聞)
うーん…(=´Д`=)
クジラのヒゲって見たことないですが、捕鯨再開のメドが立たない以上、二度と手に入らない可能性もあるわけで…。
破棄されたり焼失する前に、どこか公的な機関が買い取って一定量保存してもいいんじゃないだろうか…。
とはいえ、3トンは多いな…。

商業捕鯨再開を訴えるキーホルダーを作るとか……うーん…(=´Д`=)

| | コメント (0)

自分の嗜好を他人に押し付ける一橋大学・学長様

政府税調会長:ビール風酒類に「酒文化を損う」と批判(毎日新聞)

(略)一橋大学学長の石会長は学生との飲み会での体験を披露し、「学生は本物のビールを飲みませんから、まがい物のビールを飲んで『ああまずいや』と焼酎に行っている」と発言。「低価格競争が本来のビールの味を忘れさせ、酒文化を損なっている」と酒造メーカーの営業方針を批判した。(略)
え゛ー、別に酒税を簡素化するのは結構。結構だが、ナニコレ? 一橋大学の学長様ともあろうお方が、他人の趣味・嗜好にケチつけるのか?

勿論、この発言の下敷きになっているのは、今月の頭('04/10/06)にキリンビールの発表した調査結果なのだろう。
ビール人気、20代で急落 職場付き合い減少が影響?(共同通信)
で、多分、学長様はビールが好きで好きで、もうビールが世界で一番美味しい飲み物だとでも思っておられるのでしょう。そりゃ結構。別に誰がどんなものを好きだろうが、人の自由というもので他人がとやかく言う筋合いはない。ワインだろうが、焼酎だろうが、ウォッカだろうが、メチルアルコールだろうがだ。飲みたいものを飲めばいい。
しかし、そういう人に対して「お前は本物のビールを飲んだことがないのだ。お前が飲んでるのはまがいものばかりだ。だからビールを嫌いなんだろう? 本物のビールを飲んでれば全員が、絶対にビールが好きになるのに」なんて文句をつけるやつはただのバカである。

学長様が言ってるのは、つまりそういうことだ。
自分の味覚(趣味・趣向)を絶対的なものとして「お前もこれ飲んでるなら好きになるだろ。好きにならないなら、それはお前が飲んでるものがニセモノか、お前の味覚がどうかしてるんだ」ってことだ。
「ビールを毎日飲んでるけど好きにならない人」は絶対に存在しない、という前提がそこにはある。自分の嗜好を押し付けるとは、何処の幼稚園児だろう?

調査をしたキリンビールの報告書はWebサイトで公開されているが、キリンビールの導き出した結論は全く違う(当たり前だ)。
キリンお酒と生活文化研究所 レポートVol.7 「20代のお酒の飲み方」に関する調査について(キリンビール)
ここの概要にも書かれてるが、調査の詳細結果のほうから引用すると、

(3) 「最近飲む量が増えたと感じるお酒は何ですか?」(単一回答)
20代ではビール(22%)が最も高いことから、まずは飲みやすいカクテル、チューハイなどからお酒を覚え、次第にビールを飲むようになっていく様子がうかがえる。また、晩酌が多い30代以上で最も高い発泡酒は、20代ではビールより低くなっている。焼酎ブームは各世代に反映され、20代でも男女ともに高くなっている。

3. 調査結果からの考察
消費者としてバブル経済を経験することなく、数々の企業破綻などを目の当たりにして伝統的な社会価値観が崩壊する時代に育った20代は、30代以上に継承されてきた伝統的な価値観とは異なる、独自の価値観を持っていると思われる。味覚嗜好のライト化だけでなく、「強いお酒を飲むのがカッコイイ」といった価値観ではなく、「無理して飲むのが必ずしもカッコイイわけでなく、自分が楽しめること、心地いいことがカッコイイ」といった価値観から、チューハイやカクテルが支持されていると考えられる。

単に酒の種類が増え、手軽に色々試せるようになったので相対的にビールの比率が下がってるだけにすぎない。

まがいもの(発泡酒のこと)を飲んでるからビールが嫌いなんだろうとは大きなお世話だし、ただの妄想である。
学長様は調査結果をちゃんと読んだのか? 読んでないのだろう。読んだ上で言ったのであれば、それはそれで問題である。

なんにせよ、いい年した大人がてめぇの趣味・嗜好を他人に押し付けるとはこれいかに。
あまつさえ「それはお前が貧乏でニセモノにしか触れてないからだ」とは、何様だ?

'04/11/28追記
インターネット日和: サッポロビール:増税反対キャンペーン

| | コメント (0)

貴重な資料「H2」ロケットが鉄屑に?

貴重な資料「H2」7号機、引き取り手なく廃棄の危機(読売新聞)

打ち上げられずに残ったロケットとして、日本の技術史を物語る貴重な資料となるはずだった「H2」7号機が、廃棄される恐れが高まってきた。
 「H2」は日本初の純国産大型ロケットで、宇宙航空研究開発機構は博物館などでの永久保存を目指していたが、輸送と保管に数億円の費用がかかるため、引き取り手探しに難航。
(略)「H2」は日本の技術が初めて世界に肩を並べたロケットだけに、同機構の前身の宇宙開発事業団は当初、国立科学博物館に所有権を移転したうえで、他の博物館などへ貸し出す予定だった。しかし、全長50メートルの機体は、横倒しにしたり野外に展示したりすると劣化しやすいため、展示場の新設に数億円、本土への輸送にも1億円がかかる。
昨年10月、同事業団などが統合されて同機構が発足した際、財産整理の一環で7号機の処分問題が浮上。北九州市の宇宙テーマパーク「スペースワールド」とも交渉したが、条件が合わずに断念した。いまや財産目録上の資産価値は「1円」だという。
だぁかぁら、こういうのに金使えっつーの。同じハコモノ作るんでも、こういうのなら誰も文句言わねーだろがヽ(*`Д´)ノ
資料価値があるロケット一つ保管できないでなにが科学技術立国だ。

'04/11/10追記
続報が流れないあたり、スクラップ行きかなぁと思ってたらこん記事が。マスコミはもっと関心もって報道してほしいなぁ。
発信箱:「1円」の価値(毎日新聞)

1円。道端に落ちていたとして、喜んで拾う人がどのくらいいるだろうか。種子島の倉庫に眠るロケット「H2」7号機に、1円という値段がつけられている。(略)
引き取り手を探している宇宙航空研究開発機構は、大事な箱入り娘を少しでも条件のいい相手に嫁がせたい親心だろう、「雨ざらしはダメ、切断もダメ、持参金なし」と条件を出している。(略)
 「箱入り」発想を切り替えてはどうか。薄いアルミでできた機体は、立てておくと自重でつぶれてしまうという。補強を施し、屋外にヤグラを立てて展示できないか。それが無理なら寝かせてもいい。二つに切断して展示し、中に入れるよう工夫してもいい。
わずか1円でも、見る人を宇宙へ誘い技術への関心を深めることができれば、価値は無限大になる。科学技術立国を掲げるこの国だからこそ、科学の遺産を大事にしてほしいのだ。
ごもっとも。

| | コメント (0)

FF3 が NDSに移植

前から色々噂があった「ファイナルファンタジー3」ですが、GBA.ではなく NintendoDSに移植されるようで。
FF IIIも! 46社・142タイトルがニンテンドーDSで (ITmedia/SOFTBANK GAMES)
他は「マジカルバケーション2」が出るんだなぁ…。……目新しいのはそんくらいか…。

任天堂、「NINTENDO DS PREVIEW」開催 「FF III」が初移植、新作「ポケモン」も (GameWatch)

| | コメント (0)

スプレー型消火器に注意

輸入スプレー型消火器に注意=国民生活センターがテスト(時事通信)

国民生活センターは6日、スプレー式簡易消火器で天ぷら油火災を消すテストを行ったところ、輸入品の4種類すべてで炎があおられ、高さ3メートル以上に噴き上がった、と発表した。
スプレー式消火器は、ボタンを押すと液体か粉末状の消火薬剤が噴射されるもので、家庭などでの小規模で、ごく初期の火災が対象。対処項目の中には「てんぷら油火災」も含まれている。
私もテレビ通販で見て欲しいと思ったことありますが、注意が必要なようです。

国民生活センターのサイトを見たところ、
家庭内火災を防ぐ-その2 エアゾール式簡易消火具のテスト
>今回テスト対象とした輸入品は天ぷら油火災に使用すると非常に危険であることがわかった。一方、国産品の消火性能は表示通りであったが、銘柄によっては消火しきれないモニターもいた

Webのほうには細かい銘柄が書かれてませんが(センターが発行してる本には載るそうです)、輸入品かどうかが一つの見極めポイントになりそうです。細かい注意点が載ってるので、持ってる人はサイト確認したほうが宜しいかと。
というか、コトがコトだけに銘柄名も広く周知したほうがいいような気もしますが…。

'04/10/08 追記
読売新聞の記事のほうには製品名が出てました。
消えないわ!…頼りにならない輸入スプレー消火器(読売新聞)

天ぷら油火災などの初期消火に有効とされるスプレー式簡易消火器のうち、適切に使用しても火を消すことができない商品のあることが、国民生活センターの調べで分かった。
この商品は、ファイヤーフェイド、コールドファイヤー(韓国製)、ファイヤーストッパー(台湾製)、ファイヤーファーストエイド(アメリカ製)の4銘柄。
(略)スプレー式簡易消火器の鑑定試験を行っている日本消防検定協会は、基準を満たした製品に鑑定マークを表示している。鑑定試験に合格した商品は、昨年度276万本販売された。ただし鑑定試験を受けるかどうかはメーカー側の任意となっているため、基準外品も多く出回っているという。
国内製で、かつ日本消防検定協会の認定マークがついてるものは安全とのこと。

'04/11/23追記
これは「消す」際の問題ですが、それより前の段階。「火を出さない」ためには、「脂肪がつきにくい」食用油にも注意したほうがいいようです。
インターネット日和: 「脂肪つきにくい」油、低温発火に注意

| | コメント (0)

「JAlbum」の作者、翻訳協力者を募集

HTMLアルバム作成ソフト「JAlbum」の作者が日本語版作成にあたり協力者を募集 (窓の杜)
とのこと。
知識と時間がある人は手伝ってあげては如何かと。
連絡先(作者サイトのアドレス)等は窓の杜の記事のほうを。

'04/11/09追記
無事、日本語化できた模様。
HTMLアルバム作成ソフト「JAlbum」がメニューなどの日本語表示に対応(窓の杜)

(略)10月5日に掲載した窓の杜のニュース記事で、「JAlbum」の作者が日本語版作成にあたり協力者を募集していることをお伝えしたが、その結果、善意ある協力者が見つかり今回のバージョンアップにつながったようだ。協力者はアルファベット表記になるが、Masaki Katakai氏とHideaki Furusawa氏であるとのこと。 (略)

| | コメント (0)

「Google.ニュース」がβ版のままの理由

日本ではつい最近始まった「Google.ニュース」ですが、海の向こうでは大分前から開始されてたわけですが、
『Googleニュース』、3年経ってもベータ版であり続ける理由(Hotwired Japan)
アメリカ配信でこんな記事が。
「まぁそりゃそうやんなぁ」(エセ関西弁)となかなか興味深い記事なのですが、笑ったのが記事の最後のほうで、

ニュース収集を行なうグーグル社のモデルが法律面での危うさをはらんでいるのは、訴訟好きの米国に限ったことではない。(中略)また地球の裏側の中国では数週間前、『Google新聞香港版』が立ち上げられた際に、オンラインニュース・サービス『星島網』と『明報』紙、それに国営ラジオ局『香港電台』が、著作権侵害を主張する大量の書簡をもってこれを迎えた。
この出来事について、著作権問題の第一人者であるスタンフォード大学法学部のローレンス・レッシグ教授は、自身のブログで、「中国人に著作権法の大切さを教えたらどうなるか、これでよくわかっただろう」と皮肉っている。
教えないほうがいいかもしれません(笑)。

日本でサービス開始のときに「申し出があれば収集対象から外す」と明言したのは、そういう前例もあってのことだったんですね。
IPOしちゃった以上、収益が上がらないのに訴訟リスクは背負うというのは、あんまり続けれない気もしますが、果たしてどうなるやら。

関連:ITmedia ライフスタイル:グーグル、日本でも「Googleニュース」のβ版を開始

| | コメント (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »