« SETI@home.騒ぎ | トップページ | デュアルコア=二つのプロセッサ? »

新手の架空請求手口

誰が始めたんだか、ここにきて『個人識別コード』のハッタリが一気に増えてる模様。

Web版のほうは 2ch辺りで騒がれてましたが、

(略)Webページにアクセスすると、いきなり「登録ありがとう」「15,000円を支払期限以内にお振込み下さい」と表示される。何も登録していないわけだが、接続プロバイダーの名前と“個人識別コード”なる番号を表示しているから、「もう登録されちゃったのか」と不安になってしまう。「個人情報を特定可能な次世代コードです」ともっともらしく説明してあるが、実態は、アクセス順に番号が振られて、クッキーを書き込んでくるだけの単純な仕掛け。(略)
やじうまWatch(INTERNET Watch)|'04/09/07の項目
そんなかんじで。よくもまぁ考えるもんだと思ってたら、どうもメールでも行われてるようで、
「端末ID」を表示~迷惑メールの悪質な手口(ITmedia)
(略)業者の手順は、以下のとおり。まず、無作為にメールを配信し、本文中に記載されたURLにユーザーがアクセスするのを待つ。当該URLでは、トップページにいくつかのリンクが用意されている。いずれかをクリックすると、「あなたの端末情報は認証された」旨の文章と共に、ユーザーの機種情報や端末シリアル番号が表示される。
メールのURLはユーザーごとにひもづけられているから、業者はどのユーザーがアクセスしたかが分かる。そこで、ユーザーのアドレス宛に再度「あなたは会員登録を行ったから、料金振込みを行うように」とのメールを配信するという手法だ。(略)
基本はどっちも一緒ですな。
騙されそうな知り合いに注意メール送っておこう…。

|

« SETI@home.騒ぎ | トップページ | デュアルコア=二つのプロセッサ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。