« ペットボトル爆弾 | トップページ | 五輪・マラソン乱入男の言い分 »

聞き覚えのある設定

SBG:人体兵器である少女の恋と成長を描くIF新作発表
とっても既視感のある設定。何処の同人ゲームかと思ったら、アイディアファクトリー。一般企業。
エロゲかと思いきや、コンシューマ(PS2)ゲーム。

「天空断罪 スケルターヘブン」は,ゲームとアニメの融合を目指したタイトルで,謎の敵を討つために極秘裏に開発された人体兵器である少女たちの恋と成長を描いたもの。
 自らの命を顧みることなく,敵を討つことをプログラムされている少女たちが,プレイヤーとの関わり合いの中で,どのように成長し,どのような運命を迎えるのか,今から楽しみ。
楽しみか?
一般企業としてのモラルとか、クリエーターとしてのプライドとかないのか? なぁ?

まぁ高橋センセはそういうの黙ってる人だから表立ってクレームなんかつけないでしょうけど。

|

« ペットボトル爆弾 | トップページ | 五輪・マラソン乱入男の言い分 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。