« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

五輪・マラソン乱入男の言い分

マラソン襲撃男は元司祭 F1でも乱入、有罪判決(共同通信)
続報がないから身柄拘束されてるのかすら不思議でしたが、ちゃんと捕まってた模様。
で、ただのナショナリストかと思いきや違うようで。

アテネ五輪の男子マラソンで29日、コースに乱入してトップのバンデルレイ・デリマ選手(ブラジル)をコース外に押し出した男は、アイルランド出身の自称元司祭(57)であることが同日分かった。警察当局が明らかにした。(略)
元司祭は調べに対し、「キリストの再臨に備えて(デリマ選手を)捕まえた」などと意味不明な供述をしているという。警察は「精神的に重大な問題があるようだ」としている。
ええ゛ー?( ̄□ ̄;)
つーか、キリストの再臨するとして、マラソン選手を「捕獲」することになんの意味が…。

マラソンとか見てて、「これ沿道から人が飛びついたらどーなんだろう」と思うことは多々あったけどホントにやるとはなぁ…。

| | コメント (0)

聞き覚えのある設定

SBG:人体兵器である少女の恋と成長を描くIF新作発表
とっても既視感のある設定。何処の同人ゲームかと思ったら、アイディアファクトリー。一般企業。
エロゲかと思いきや、コンシューマ(PS2)ゲーム。

「天空断罪 スケルターヘブン」は,ゲームとアニメの融合を目指したタイトルで,謎の敵を討つために極秘裏に開発された人体兵器である少女たちの恋と成長を描いたもの。
 自らの命を顧みることなく,敵を討つことをプログラムされている少女たちが,プレイヤーとの関わり合いの中で,どのように成長し,どのような運命を迎えるのか,今から楽しみ。
楽しみか?
一般企業としてのモラルとか、クリエーターとしてのプライドとかないのか? なぁ?

まぁ高橋センセはそういうの黙ってる人だから表立ってクレームなんかつけないでしょうけど。

| | コメント (0)

ペットボトル爆弾

ペットボトル破裂しけが ドライアイス入れて振る(共同通信)

なんか去年もあったと思うんだけど、これ。
なんだろう…。「電子レンジでゆでタマゴ」みたく 2chあたりでコピペがされてるんだろうか。
一月で二件ってのは、ちょっと気になるところ。

ちなみに「電子レンジでゆでタマゴ」というのは、『器に卵を入れて、ラップをして電子レンジでチンすると、おいしいゆでタマゴの出来上がり。おまえらもやれ』という内容の無差別コピペ。
勿論、これやるとレンジがドカン。小学生とかはマネするだろう、悪質なコピペ。
爪楊枝なんかで黄身の部分に穴を複数あけておけば爆発しないのだが。

危険なのでマネしないように。

| | コメント (0)

コメントスパム対策がされたようだが

>2004.08.20
>コメントスパム対策について
>お客様からご指摘いただいておりますコメントスパムへの対策につきましてご報告させていただきます。
>本日 12:00、コメントスパムを排除する仕組みを強化いたしました。
ってなお知らせが載ってた
ほぅほぅ、と思ったんだけど、何処がどういう風に強化されたんだろう?
運営や社長のblog見ても書いてない。……おーい…(´Д`;)

この前、規制かけようとして知ったけど、IP規制って、ワイルドカード使ったり(000.000.000.*)、連続した番号を指定したり(000.000.000.000-000.000.000.005)できないのね…。不便。

| | コメント (0)

一場選手と明大の言い訳

14日付けの朝刊を一日送れで読み終えたのだが、んー…。
プロ野球:スカウト不正 明大「巨人はひきょう」/読売グループ大打撃(その1)(毎日新聞)
プロ野球:スカウト不正 明大「巨人はひきょう」/読売グループ大打撃(その2止)(毎日新聞)
話をまとめると、「巨人に無理やり渡され」「断りきれず受け取り」「一部を使った」そうだ。
まぁ、アマの選手と球団の立場を考えれば、渡したほうが悪い。それは確かなんだが、

(略)別府総監督によると、巨人の吉田孝司編成部長から12日に「金を渡したことが公になりそうだ」と電話があった。一場選手を呼んで、問いただしたところ、「何回か小遣いをもらった。申し訳ない」と認めたという。
別府総監督は「(公の場では)言ってはいけないことだが、押し付けられたら仕方ない」と語り、「ナベツネ(渡辺オーナー)さんが辞めるのは勝手だが、一番心配なのは、一場の選手生命が絶たれてしまうこと。(一場選手をさらし者にして公表する)巨人のやり方はひきょうだ」と批判した。
これが全く理解できない。

これが高校生相手のことだったなら、確かにそうだろう。球団側が絶対的に悪い。
高校生なら、そりゃぁ大人に金渡されて断ったのに「いいからいいから」と懐に押し込まれたら黙ってうなずくしかないだろうし、人に相談もできないかもしれない。それはわかる。
どうにもできず、自室に「保管」してるうちに、ちょっとした弾みに悪魔の囁きで使い込んでしまう。それもわかる。同情します。
だが大学生だぞ? 今年で卒業なんだろうから21か22? 成人してる大人。

成人した人間が「断りきれずに金を不本意ながら受け取った。誰にも相談できなかった。預かってるつもりだったが、一部を使い込んでしまいました」。
通じるのか?
断れずに受け取ったなら監督に相談すればいい。なんなら弁護士に相談して返金してもらえばいい。
少なくとも、銀行口座に放り込んで、そのまま凍結しておけばいい。なんで使い込む?
大人のする言い訳か? 同情できない。巨人が卑怯? そりゃ卑怯だが、受け取り使い込むほうも大いに問題あるだろ。
例えそれで選手生命が台無しになっても、それは当人の責任。自業自得としか思えんのだが、世の中はそんな言い訳が通るほど甘いのか? 

プロ野球:スカウト不正 明大・一場投手が退部届--別府総監督も辞任へ(毎日新聞)
>一方、巨人から一場投手への現金の受け渡しは、今年5月ごろから頻繁に行われるようになったことが、関係者の話で分かった。
約 3ヶ月で200万程度。一回辺り幾らだ…。で、たった3ヶ月、保管できずに使い込むか? 一年くらい保管してるうちに手を出してしまったならともかく。
同情できんわ、やっぱ。
で、処分されるのは球団だけなわけでしょ。巨人は獲得見送るだろうけど他のプロ球団には入れる。それもどうなんだろ…。

| | コメント (0)

日本語版Windowsのエラーメッセージは俳句?

ITmediaニュース:ITにまつわる15の俗説・都市伝説を斬る
「検証」されてる噂は以下のもの。
・その1:磁石はデータを駄目にする
・その2:航空機内で携帯電話を使うと、航行・通信システムに干渉する
・その3:USBデバイスをPCから抜く前に「停止」しないと問題が起きる
・その4:cookieはユーザーのインターネットでの行動をすべて追跡する
その5:日本語版Windowsは俳句をエラーメッセージに使っている
・その6:WindowsをシャットダウンせずにPCの電源を切ると大変なことになる
・その7:スパムをオプトアウト(配信停止)すると、もっとスパムが来るようになる
・その8:ハッカーは他人のコンピュータのハードディスク内のデータを破壊できる
・その9:節電のために毎日PCの電源を切ると、PCの寿命が縮む
・その10:政府は皆の電子メールを読んでいる
その11:サダム・フセインはイラクの兵器計画に利用するためにPlayStation 2(PS2)を購入した
その12:DOSは死んだ
・その13:デバイスを守れるのは値の張るサージプロテクターだけだ
その14:定期的にノートPCのバッテリーをゼロになるまで使い切らないと、バッテリーの持続時間が縮む
・その15:PCをいじるときは帯電防止用リストストラップをしないと、ハードが壊れてしまう

「日本語版Windowsは俳句をエラーメッセージに使っている」。誰だそんな噂広めたヤツは(笑)。元は雑誌のコーナーから引用された英文俳句だそうで、BBSとかでコピーされまくってるうちに「日本語版のエラーメッセージだ」ってことになっちゃったんだろうな。
「日本人が言ったジョークが信じられただけ」とかいうオチのほうがよかったが。

「フセインはイラクの兵器計画に利用するためにPS2を購入した」ってのは、一時期騒がれただけに結論が曖昧なのが気になるところ。「大義」が騒がれてる昨今、本当にやってたならアメリカ政府が嬉々として発表しそうな気もするんだが…うーん…?
「DOSは死んだ」。概算で100万本は使用されてるか。多いような、少ないような…。少ないかなぁ。てか、たぶんこの数字はアメリカだけでの話だろうから、多いのかなぁ…。
「ノートPCのバッテリー」。最近使われてるリチウムイオンバッテリーは無関係だそうで。ただPCのバッテリー認識をリフレッシュさせるためにたまに使い切るべしとのこと。

4ページも使ってるだけあって面白いです。
しかし夏休みで、IT系のネットニュース更新が軒並み低調でつまんないですなぁ…。

| | コメント (0)

『「郵政大国」の安全保障』(玉置和宏/毎日新聞)

酸いも辛いも:「郵政大国」の安全保障(玉置和宏/毎日新聞)

日本国憲法9条がこの国でやはり生きているな、と実感するのはこの統計を見る時である。
1億2000万人の日本人を守る自衛官は25万3000人だ。それに比べて郵政公社(国家公務員)は28万人である。国の行政組織の職員総数123万5000人の約23%を占めている。NHKなど特殊法人、大学の独立行政法人などをすべて含めた統計で、ほぼ4人に1人が「郵便局の人々」だ。この郵政公務員以外に非常勤やパートの職員を合わせればあと10万人増えて総計38万人に達する。
紙面でタイトルを読まずに読み始めたので、このリードの部分で自衛隊に関する話かと思いきや、郵政に関する話でした。

で、この後、郵政に関する話が続いて、フムフム、なのだが笑ったのが最後の締め。

統計の面白さがもう一つある。それは各公的機関までの平均距離だ。郵便局は1・1キロで小学校と同じだ。日本国の基本設計は義務教育と郵便局へのアクセスだったのである。一番遠いのは社会保険事務所の9・8キロというのはいまや皮肉にしか見えない。
ごもっとも(笑)。
うまい締めです。さすが。
##こういう記事はタイトルをどうつけたもんか迷いますねぇ…。

| | コメント (0)

西ナイル熱感染者の報道のされ方

なんか朝から各テレビ局で西ナイル熱感染者のニュースを流して騒ぎしてるのが、どうにも意味不明。
別に日本で感染したわけでもなく、海外で感染して帰国しただけだし、人の間で感染するモノでもないのになんでこんな騒いでんだとどうにも違和感。なので、ネット上の記事を見てみたんだが、
西ナイル熱、沖縄の女性が日本人初の感染例か(読売新聞)
沖縄で西ナイル熱の疑い例 確認されれば国内初(共同通信)
やっぱりよくわからん。

読売の記事のタイトルになってるように「日本人初」って部分が重要、かつここに過剰反応してんのだろうか?
別に何人だろうが重大な感染症なことに変わりはないはずだが。
共同通信のほうの記事が更に謎で、
>西ナイル熱の日本上陸が確認されれば初めて。
「外国で感染して、入国した」だけなのに、これを「上陸」というのか?
日本国内に居て、日本に在野してる蚊が媒介して感染したなら「上陸」だが「感染者が入国した」ことを「上陸」と言うのだろうか?ヤコブ病感染者が日本に入国したら「ヤコブ病上陸」と言うのか?
言わないだろ。

確かにまだ「未知の病気」だけど、国内に居て感染したわけじゃなし、人の間では感染しないわけで、なんともよくわからん騒ぎかた。
まぁTopicsの一つとして報道する分にはわかるけど、同じ報道番組、ニュース枠の中で繰り返し流すようなことだろうか? なんなんだろ…。

| | コメント (0)

ニフティ、スパムでメール遅延・受信拒否で対応

@nifty、大量迷惑メールの発信元からは受信を拒否する措置 (InternetWatch)
ITmediaニュース:ニフティ、大量スパムでメール遅延 受信拒否で対応へ
んー、これ自体は評価できるんだが、他のISPは前からやってるんだよね。
IIJとか、So-Netに比べてどうも一歩遅れてる感じが否めない。

ITmediaニュース:スパム対策仕様「Sender ID」、標準化に向けて前進へ
こういうのとか積極的に参加して、他社を引っ張ってほしいもんです。
それでこその「老舗」だと思うのだが。

'04/08/06pm追記
古河氏(ニフティの社長)のblog見たら発表に関係する記事があったのでTB。

| | コメント (0)

グアンタナモ基地:収容者で"医学実験"?

グアンタナモ米軍基地:フランス人元収容者「薬物を投与された」(毎日新聞)

米国の対テロ戦争でキューバのグアンタナモ米軍基地に収容されていたフランス人元収容者の弁護士は31日、接見時に聞いた話として、同基地では収容者に対して定期的に薬物が投与されていたと述べた。仏紙によると、元収容者は同弁護士に「医学実験」を受けたと話しているという。
(中略)ジャック・ドゥブレー弁護士は31日、報道陣に対して「(2人は)奇妙な薬物を投与されたと話している。彼らとの接見ですべての収容者に対して、薬物が定期的に投与されていたことが確認された」と述べた。
「奇妙なヤクブツ」ってことは、少なくとも中身が何か知らされず、同意をしてないのに「ナニか」を投与されてたってことだよな。
どこの第三世界だよ…。第二次世界大戦・戦時中にタイムスリップしてるんですか?
おいおい……。

| | コメント (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »