« 米海軍厚木基地のヘリ、銃弾を落とす | トップページ | 曽我さん家族来日チャーター機代、1円→5万円 »

面白いけど悪用が心配な"URL圧縮"サービス

無料のURL圧縮サービスがオープン(ITmedia)
昔、流行って乱立した(今でもあるところはあるが)「転送アドレス」の進化(変種?)版だろうか。

同サイトのフォームに、圧縮したいURLをコピー。実行すると、「http://qrl.jp/xxxx(xxxxは圧縮ナンバー)」というURLを生成する。同URLをWebブラウザのアドレスバーなどに入力すれば、元のURLのサイトにアクセスできるという仕組み。
ってことで、転送アドは不特定多数の人に公開するものなのに対して、これは特定の知り合いに教えるときに使うものという位置付けみたいで。なかなか面白そうなサービスです。

ただ、問題はブラクラや悪質なサイト宣伝(アクセスと同時にスパイウェアを仕込むような)の貼り付けに悪用される可能性があることですね。今見たら、アドレスにアクセスすると、転送先のアドレスが表示されてから転送されるんじゃなく、間髪いれずダイレクトに転送(表示)される仕組みのようですから、それが問題になりそう。
運営側のほうで、特定のサイトやページに関しては入力不可にしてくれれば、かなり「安心」にはなるでしょうが、一応、掲示板なんかに書かれた http://qrl.jp/*** は安易にクリックしないよう、覚えておく必要がありそうです。

ま、アドレスの内容に関係なく大原則ではありますが、普通のサイトアドレスならURLから在る程度内容を推測できるのに大して(アヤシイページには、アヤシイページ名がついてることが多いので)、これでやられると全く推測できないし、従来の転送サービスのように転送前に転送先アドレスが表示されるわけじゃないので(=実際にクリックして表示させてみないと何処に飛ばされるか判断できない)、用心が必要になりそうです。

|

« 米海軍厚木基地のヘリ、銃弾を落とす | トップページ | 曽我さん家族来日チャーター機代、1円→5万円 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。