« 飽きれる「ココログ大アンケート」 | トップページ | グアンタナモ基地:収容者で"医学実験"? »

ゲーム開発費は減少傾向(CESA調査)

CESA:ゲームソフト開発費は減少、PS2の3900万円が最高(毎日新聞)

(略)ハード別では、プレイステーション(PS)2向けの3900万円が最高だったが、昨年の5900万円から大幅に減少した。
調査は03年度に出荷実績のあったメーカーに対して行い、37社から解答があった。減少の理由は、現在のゲームが発売されて時間がたったこともあり、開発者の技術向上、開発ツールなどによる作業効率化がすすんだため。ゲームキューブ向けは3800万円(昨年度7200万円)、Xbox向けは2200万円(同3500万円)。携帯ゲーム機のゲームボーイアドバンス向けは、「移植版でも再チューンナップの必要性があり、ドットの作業が必要となった」(同協会)ことから昨年度の2500万円から3200万円に上昇した。(略)
ほぼ半減か。もっとかかってるイメージがあったんだけど。
一時期、億単位で平気でかかってたこと、PS3が開発コスト削減を念頭に動いてることをを考えると、一つ山を乗り越えたかんじだろうか。

ITmediaアンカーデスク:次世代プレイステーションはOpenGL系になる?
後藤弘茂のWeekly海外ニュース:SCEIがPlayStation 3にOpenGL ES 2.0採用か(PC Watch)

|

« 飽きれる「ココログ大アンケート」 | トップページ | グアンタナモ基地:収容者で"医学実験"? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。