« 米国衛星の運用停止の余波 | トップページ | 「オロナミン」と「ミンナミン」 »

WBCが「破産」

初め、同名の別団体かと思いつつ記事を見たのですが、別団体じゃなかったようで。
WBCが破産申請へ(日刊スポーツ)
WBCが破産申請へ=ボクシング(時事通信)

Yahooの時事通信の記事のほうを引用すると、

世界ボクシング評議会(WBC)が、14日に会社清算の米連邦改正破産法第7条の適用を申請することになった。ホセ・スライマン会長がこのほど、WBCのホームページ上で明らかにした。
 WBCは、グラジアーノ・ロッシジャーニ(ドイツ)からライトヘビー級のタイトルを不当にはく奪したとして3100万ドル(約34億円)の損害賠償を命じられていた。昨年には同法第11条の適用申請をして更生を目指し、同選手との和解交渉も続けたが不調に終わっていた。
だそうで。

…しかし破産したとして、タイトルはどうなるんだろう…。
賠償金取ってタイトル取り戻しても、大本の団体が潰れたらなんの意味もないと思うのだが…。
破産して今の団体はつぶすけど、またゼロから別団体作り直して出直すのか?
うーん…。

'04/06/17追記
徳山嘆願書“最後のWBC王者”イヤ!(スポーツ報知)
新組織移行の可能性 WBC、7月に緊急会議(共同通信)
やっぱ別組織にしてタイトルは横滑りさせる可能性が高いのか…。
このままいくと、ロッシジャーニ氏は、WBCをKOした世界最強の人として歴史に名を(略)

|

« 米国衛星の運用停止の余波 | トップページ | 「オロナミン」と「ミンナミン」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。