« 「ウルティマオンライン」の広告 | トップページ | 閻魔大王が舌を抜くのは体罰か親切か »

コピーワンス関連記事、アレコレ。

winnyやデジタル地上波のコピーワンスの関係か、最近よくデジタルコンテンツの著作権、コピーコントロールの記事が目につくなー、ということで、まとめてみた。
大体、時系列順。上から順番に読んでくとわかる配列……のはず。

「コピーワンスコンテンツ」がもたらす弊害(ITmedia)
コピーワンスで録画スタイルが変わる (ITmedia)

-PCWatch.「後藤貴子の米国ハイテク事情」
なぜか日本よりゆるいアメリカのデジタルTVコピー規制
“北風より太陽”によって米国でデジタルコンテンツとPCが栄える?

-ITmedia.「Intel著作権政策責任者との対話」(小寺信良)
前編:コンテンツ保護の“日米差”はどこからくるのか
後編:日本のコンテンツ保護は厳しすぎる――なぜ戦わないのか?

-MSN毎日新聞:デジタル著作権:対談「超流通」とは
上:使い勝手のいいコンテンツを目指して
下:新しい仕組みを作る

こんなかんじですかね。
特に面白いのが、PCWatch.の後藤貴子さんの日米比較の話。これを読んだ上で、ITmedia.の小寺さんのほうの日米比較を読むと、イイかんじです。
毎日新聞の「超流通」の話は、コピーワンスの話にも Winny.やネットコンテンツの話にも通じてますね。この延長でWinny.の話にもイケるんですが、まーそれはそれとして。

|

« 「ウルティマオンライン」の広告 | トップページ | 閻魔大王が舌を抜くのは体罰か親切か »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。