« PC用電源スイッチ延長コード「ひもつき君」 | トップページ | 5ヶ月遅延の年賀状 »

「伝説の詐欺師」"ハギオギ"に賠償命令

以前、「「伝説のネット詐欺師」はただの口座屋」な記事を書きました。
通称「ハギオギ」こと「萩村忠明」は詐欺師ではなく口座屋で、自分名義で口座を作って売っていただけ。直接の「詐欺師」ではなかったという話なんですが、民事訴訟で賠償命令が出たそうで。

「口座屋」に100万賠償命令、ヤミ金詐欺ほう助で(読売新聞)
詐欺の被害にあった兵庫県・淡路島に住む70歳代の女性が、被害金を振り込んだ銀行口座を密売していた電話代行会社「ふれあい友の会」(東京)とその役員、荻村忠明被告(41)(詐欺罪で公判中)を相手取り、慰謝料など100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が神戸地裁洲本支部であり、鳥飼晃嗣(こうじ)裁判官が「金融業者の詐欺行為をほう助した」として、請求全額の支払いを命じた(略)
判決は仮執行宣言付きで、女性側は、荻村被告が拘置先の警視庁田園調布署に預けていた所持金43万円も差し押さえた。(略)

裁判官ナイス(*゜▽゜)
あとは刑事のほうがどうなるかだな。

|

« PC用電源スイッチ延長コード「ひもつき君」 | トップページ | 5ヶ月遅延の年賀状 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。