« BSE全頭検査、1.2円/100gは高いか安いか | トップページ | GIFを表示させただけでIEが死ぬ? »

ADSL.下り47M/上り5Mはホントに出来るのか?

先週末、相次いで ADSLの下り47M/上り5M(予定)化が発表されたので、TTCでの揉め事に収束のメドがついたのかと思いきや。ついてないじゃん…。
出口の見えない「上り拡張ADSL」の取り扱い(ITmedia)
簡単に書くと、ADSLというのは「通信規格」の一つで、電話回線を使う関係上、各業者が好き勝手に使うと、発生したノイズが電話の通話や他の電波に悪影響を与えて大混乱に陥るので、それを防ぐために総務省の管轄下であーでもないこーでもない話し合って、悪影響が出ない統一規格と運用の方針を取り決めて、それに沿って各社がサービスを提供するわけです。

その話し合いをする場所が、TTC(社団法人情報通信技術委員会)。
で、この規格の内容によってADSLの速度が決まる(=提供するサービスの内容が決まる)ので、各社の利害が対立し、揉めるわけです。

YBB(SBB)は前から「上り速度の向上」を求めていて、これを巡って対立。今だADSLの規格は改定されないまま(高速化されず)。かれこれ半年以上紛糾が続いてる。
これが解決しないことには何処の会社もADSL速度をいじることが出来ないのだが、先週末に各社が発表したので揉め事が解決したのかと思ってたんですが前述の通り、相変わらず揉めてるようで。
メドがハッキリしてないのに、あんな回線速度の向上を発表して大丈夫なんだろうか…?

イー・アクセス、下り47Mbps、上り5MbpsのADSLサービスを8月に提供予定 (Broadband Watch)
アッカ、下り最大40MbpsのADSLサービスを下り最大47Mbpsへ高速化 (Broadband Watch)
T-com、下り最大47MbpsのADSLサービスを8月より提供予定 (Broadband Watch)

ADSL上り速度向上を巡る揉め事の経緯(全て、佐藤晃洋氏・ITmediaの記事。上から時系列順)
News:予想外に遅れる? ADSL上りの高速化
News:ユーザ不在?のADSLスペクトル管理に関する議論
ITmediaアンカーデスク:上り高速化ADSLの導入を阻む、将来のサービス像の隔たり
ITmediaアンカーデスク:上り拡張ADSLをめぐる“もう一つの論争”~標準化の動向は?

安易に追随発表をしないNTTのフレッツは、さすがの堅実性と言えるかもw
「出口の見えない「上り拡張ADSL」の取り扱い」の記事の末尾にあるように、とりあえず合意が得られてる部分については先行して決定してほしいものです。

'04/07/03追記
ADSL上り帯域拡張の議論がようやく決着~TTC・スペクトル管理SWGレポート(InternetWatch.)
とりあえず暫定合意した模様。ようやく上り速度の向上がされそう。詳細は来週発表とのこと。

|

« BSE全頭検査、1.2円/100gは高いか安いか | トップページ | GIFを表示させただけでIEが死ぬ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。