« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

紛らわしいタイトル

ニフティのトピク眺めてたら、
BSEに感染しない牛、遺伝子操作で誕生…キリン(読売新聞)
へー……って、最後の「キリン」ってなんじゃそりゃ。まさかキリンの遺伝子でも組み込んだのか?
…と思い記事本文を見たら「キリンビールの研究・発表」らしい。

紛らわしいタイトルつけんなや(*´д`)σ))Д`)

| | コメント (0)

".NET Framework"のインストール失敗

Windowsを再インストしたので、Microsoft .NET Framework Version 1.1をインストールしようとしたら、「windows installer コンポーネントを更新する必要があります」とエラーが出て、更新しようと続行すると今度は「コンポーネントにアクセスできません」と出てインストール失敗するという、堂々巡りに陥った。

とりあえず必要ではなかったので「まぁいいか」と放置してたのだけど、なんとなく気になったので調べてみたところ、Windows Installer 2.0を手動で入れればいいと判明。
Windows Installer 2.0 Redistributable for Windows NT 4.0 and 2000
Windows Installer 2.0 Redistributable for Windows 95, 98, and Me
落としてインストール(要再起動)した後、.Netのインストーラを起動したらすんなりと成功しました。ヨカッタヨカッタ。
XPの場合も、2000・NT4用のを入れればいいようです。

ちなみにリンク先は英語ページ。日本語ページにはないようですし、MS公式の修復方法ではないのでその辺は自己責任で、困ってる人は試してみるといいかも。

| | コメント (0)

スペイン皇太子夫妻、結婚祝いの宝くじ当選

ステキな話が。

結婚祝いの宝くじ当せん スペイン皇太子夫妻(共同通信)
スペインからの報道によると、22日に結婚したスペインのフェリペ皇太子夫妻に市民が贈った宝くじで賞金1万2060ユーロ(約162万円)が当たり話題となっている。
贈ったのは、バルセロナ市内にすむ男性で、ニュースキャスターをしていたレティシア皇太子妃と同様、かつて国営テレビに勤務していた。
これぞ正しく「神の祝福」?
「皇太子夫妻に宝くじって…」と思ったけれど送ったのは元同僚なんですね。納得。
しかしこれ、どうするんだろう…。

日本の皇室的に考えればどっかの慈善団体にでも寄付するのだろうか。でも、くれたものを人にあげるのは、それはそれで問題あるし…。向こうの王室は、感覚がまた違うからなぁ…。どうするのだろう…。
そっちの続報がほしいもの。

| | コメント (0)

拉致問題・「救う会」の批判もわかるけど

日曜日の世論誘導的なテレビの批判論調が、どうにもカンにさわってたのだけど、月曜日の朝に一斉に発表された各社の世論調査では首相支持が大半、「10人再調査」部分についてだけ少し不満が多いカンジなんですね。
例:日朝首脳会談>「評価する」62% 毎日新聞調査
テレビで調査結果を発表するキャスターの不満そうなカンジがナンでしたが。
日曜の報道だと「8人中5人しか」を繰り返し強調する世論誘導が目につきましたが、ジェンキンス氏については首相が念書を提示しても拒絶されたんだからしょうもないだろう…。ジェンキンス氏が行かないというば、子供もそれに従うのは当たり前なわけで。
まぁ「もっと時間かけて米国を説得してから訪朝すべきだった」という批判はわかるのだけど。

で、
拉致被害者:「救う会」に批判の声 会見での発言受け(毎日新聞)
違和感持ったのは私だけじゃなかったのね…。
確かに、10人家族の言ってることの趣旨はわかるのだが、どうにもあの土曜日のモノの言い方にはあんまり賛成できない。
あの言い方だと、まるで5人の帰国自体も妥協の産物で喜ばしいことじゃないかのような印象をうけるので。
感情的なものはわかるのだけど、もうちょっと違う言い方ができなかったのかと。
まー、だからといって「救う会」を叩くのも違うとは思うけれど。

今までは「10人についてもあんまり言うなら、残ってる家族8人も返さないぞ」と言われる恐れがあったのだし、ひとまずこれでこう着状態は打破できたわけで、今後、進展が期待できる状態になっただけでも評価できると思うのだけど。
批判するときは、ちゃんと問題切り分けて、これは評価するけどこれはダメだという言い方をしてほしいものです。じゃないと、どうにも気ぃ悪い。

'04/05/26追記

「ねぎらい忘れていない」批判に「救う会」が見解(産経新聞)
北朝鮮による拉致被害者家族会と支援団体の「救う会」は25日、首相訪朝をめぐる両会メンバーの発言に批判の声があることについて「テレビではほとんど報じられていないが、首相の労をねぎらうあいさつと5人の子供が帰国できた喜びを表している」とする見解を発表した。
だ、そうです。
テレビでそんなシーン、放送されていた記憶ないのだが、するとこれまたマスコミの世論誘導報道の「成果」か?

'04/05/28追記
数日遅れで毎日新聞朝刊を読んでたところ(最近、数日遅れで新聞を読むことが多い)、25日付朝刊の「めでぃあ&メディア」欄に関連する記事がありました。
記事によると24日朝放送のテレビ朝日「スーパーモーニング」の中で、毎日新聞が24日に発表した「首相訪朝『評価』62% 内閣支持率58%」という世論調査結果に対してゲストコメンテーターか「この世論調査は22日の結果で、23日のものとは思えない」などと、いい加減なことをほざいたそうで(25日に訂正放送したとのこと)。
これに関してあれこれ書いてあり、他社の調査に関しても言及されてます。各紙の調査結果と調査時期は、
・毎日新聞 調査:評価 62%:23日午前9時-午後5時
・朝日新聞 調査:評価 67%:23日午前9時-午後9時半
・読売新聞 調査:評価 63%:22日夜開始、23日夜終了
だ、そうです。…つーか、朝日新聞のほうが「評価」の率高いじゃねーか。

| | コメント (2)

7万円のキーボード

業務用だそうですが、
エプソン、業務向け7万円のキーボード(PCWatch)
すげぇ…。しかしなんでこんな高いのだろう。
「キーの耐久性は3千万回」がポイント?
砂糖たっぷりのコーヒーとかこぼしたら泣けてきそうだ…。いや、そういうときのメンテのしやすさや耐久性、サポート含めての7万円なのだろうか?
…でも、高いなぁ…。

| | コメント (0)

Google.「Gmail 容量1TB」はやはり狂気だった

数日前に、
グーグル、本気か?!―Gmailの実験で上限を1テラバイトに(ITmedia)
というカンジで報道されたんですが、やはり「正気」ではなく、
グーグル、保存容量1GBの「Gmail」で“1TB”と誤表記 (InternatWatch)
Googleの「メール容量1テラバイト」はバグだった(ITmedia)
表記ミス(狂気)だったとのことw

InternetWatchの記事によると、

Gmailは、保存容量1GBのWebメールサービス。ログインすると、通常は画面下部に「You are currently using 0 MB(0%)of your 1000 MB」などと表示されるが、一部ユーザーに関して「1000 MB」の部分が「10000000 MB」と誤って表示されていた。
ことがコトの発端だったようで…。

最近になってGmail追随の動きが
米ヤフー、無償メールのストレージを100Mバイトに――有料版は「事実上無制限」!(ITmedia)
Lycosも1Gバイトメールに参入(ITmedia)
出てますが、どれもアメリカのサービスなのがナンです。
Yahoo.のほうは日本でもやるとは思うのだけれど…。
あと沈黙続けるHotmail.の動向が気になるところ。

| | コメント (0)

Yahoo!チャットでの「公然猥褻」を取り締まり

よくわかんないなぁ…。

ヤフー、Yahoo!チャットで公然わいせつの取り締まり強化 (INTERNET Watch)
(略)2004年3月ごろにYahoo!チャットのユーザーから、チャット参加者自らが服を脱ぐなどわいせつな行為が映像として流れているとの報告を受けた。
(略)ヤフーでは悪質なユーザーのアクセスログや映像データといった“証拠”の収集を開始。「場合によっては集めた証拠を警察に提供して、刑事告訴に踏み切る可能性もある」としている。(略)
なんで取り締まる必要が?

「閉じた」ネットワーク上でやってんだから「公然猥褻」にはならないし、ヤな人のほうが立ち去ればいいだけだと思いますがね。この行為が行われてるのは「アダルト」カテゴリだとあるし。
執拗な「要求」を女性ユーザーに対して行う人に関してはイヤガラセ行為として追い出すべきでしょうけど。
>アクセスログや映像データといった“証拠”の収集を開始
そっちのほうがどうかと思うが。
私は利用者じゃありませんけど、そちらのほうが気味悪いですわ。
エロチャットなんて個人間で合意を持った人同士(複数であっても)が好きでやってるやり取りなわけで、何故そこに公権力を介在させる必要があるのか不明。ヤフーに泣き付いた「利用者」も謎だが。
オークションの取り締まり強化のほうが急務だろう。

著作権違法物品だけじゃなくわいせつ物(裏ビデオ等)が山のようにあるんだから。そちらのほうがよほど問題。

| | コメント (0)

日本製の韓国銀行券

といっても朝鮮戦争勃発時の話ですが。日経BPのサイトで「円・元・ドル・ユーロの同時代史」というコラムがありまして。
円・元・ドル・ユーロの同時代史 第22回~英米VS日本、通貨の暗闘(日経BP)
これによると、

(前段略)1950年6月25日、北緯38度の南北軍事境界線を越え南侵した北朝鮮軍は、ソウルで韓国銀行を襲撃した。(中略)
そこで米軍当局は、韓国銀行券の印刷を日本の大蔵省印刷局(当時)に命じた。(中略)
もちろんここで確認しておきたいのは、紙幣は時に砲弾の力をはるかにしのぎ、最も重要な戦略兵器にさえなり得るという事実である。ただし、その「兵器」の製造を旧宗主国に仰ぐほかなかった歴史の皮肉を知る人は、今日の韓国にほぼ皆無である(日本製の韓国銀行券に「printed in Japan」とは書かれていなかった)。(以下略)
戦中の、中国に対する贋金作りは結構有名で私も知ってましたが、朝鮮戦争のこの話は初めて知りました。
この項目は記事の一部に過ぎないので、↑を見ただけでワクワクする人は記事、頭から最後まで通して読むとなお面白いかと。
しかしこれ、知ってる人どれくらいいるんだろう…。

5月4日追記
目の痛さを我慢しながら数時間かけて読破…。
「Chapter 2」(9回-15回)で人民元の話になってるんですが。ここ数年のイメージで、中国って意外とフツーの国じゃん、と思ってたんだけど、中国ってやっぱし怖いわ(第12回と第13回参照)。
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

「円・元・ドル・ユーロの同時代史」(谷口智彦著/日経BP社)過去記事リスト

| | コメント (0)

朝日新聞の「萌え」解説

「萌え・萌え」 「十人十萌え」の不思議語(朝日新聞)
えー、まぁなにも言いますまい…。特に間違いもないし。
ただ一つ、記事中に出てくる人の年齢が全員30歳以上なのはなんで…?
三十路の男のコメント並べて「若者言葉云々」というシメは…。……いや偶然なら別にいいのだが…。
>男子より女子の方がよく使っているという。
ってのもどういう情報源なのかわからんが。…まぁいいけどさ、別に…。

| | コメント (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »