« ヒト成長ホルモン製剤、クロイツフェルト・ヤコブ病の一因と確認 | トップページ | 名古屋テレビ編成局長「子供産んでいない女が偉そうに」 »

サッカー、アフガニスタン代表。海外遠征中に選手が逃亡・逮捕、チームが解散に。

アフガニスタン代表チームが解散(スポーツナビ) レギュラー選手9名がイタリア遠征中のチームから逃亡していたアフガニスタン代表は、チームを解散した。9名中6名は亡命を図っていたドイツで逮捕された。同国サッカー協会のハリム・コヒスタニ会長は、イタリアの当局から近いうちに6人がアフガニスタンに引き渡されると語った。「国の名誉を傷つけた」彼らは、カブールで処罰を受けることになる。(以下略)
え゛?、と思って毎日新聞等漁ってみたものの、記事がなし。テレビでも報道されてない。この記事の中では触れられてないので、逃亡・亡命を求めた経緯が不明なまま。

確かアフガンには復興事業が始まった頃に、日本からサッカー用具一式が贈られてるはずで、なんでマスコミは報道しないのか不思議。国の代表になり、外国に渡った選手の大半が亡命を求めた理由を調査・報道するのは「今、アフガンがどうなってるのか?」を象徴すると思うのだが。
イラク報道に偏りすぎじゃなかろうか…。
主要なニュースは囲み記事で流れてるけど、もう少し雑多な情報も報道すべきだと思うのだが。アフガンの動向は、少なからずイラク・中東情勢と関係するのだから。

|

« ヒト成長ホルモン製剤、クロイツフェルト・ヤコブ病の一因と確認 | トップページ | 名古屋テレビ編成局長「子供産んでいない女が偉そうに」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。