« 「プラズマ」より安い「リアプロジェクション」 | トップページ | サッカー、アフガニスタン代表。海外遠征中に選手が逃亡・逮捕、チームが解散に。 »

ヒト成長ホルモン製剤、クロイツフェルト・ヤコブ病の一因と確認

ヒト成長ホルモン製剤、クロイツフェルト・ヤコブ病の一因と確認 (HOT WIRED)
1970年代を中心に使われていたヒト成長ホルモン製剤が原因となり、26人がクロイツフェルト・ヤコブ病を発症して亡くなったという調査結果が、米国立衛生研究所(NIH)から発表された。 (-略-)1980年以前には、成長障害のある子どもの治療に、人間の遺体の脳下垂体から抽出したヒト成長ホルモンが一般的に使用されていた。(-略-)現在使われているヒト成長ホルモン製剤は、遺伝子組み換え技術によって人工的に作られたものだけだ。しかし、クロイツフェルト・ヤコブ病は潜伏期間が30年におよぶケースもあるため、発症者は徐々に現れてきており、今後さらに増える可能性があると、研究者は述べている。(続きは元記事を)
現行のものは問題ない(可能性が高い)そうですが。 前回のクールー病の記事のときにrei さんが「同胞食いをしてはいけないというように、身体ができているんですね。」ってコメントつけてくれましたが、そうなんでしょうなぁ…。 輸血や血液製剤を通しての病気感染も広義の意味では同じなのだろうし…。まぁ現代医学においてのトレードオフされたリスクなのだろうけれど…。

|

« 「プラズマ」より安い「リアプロジェクション」 | トップページ | サッカー、アフガニスタン代表。海外遠征中に選手が逃亡・逮捕、チームが解散に。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。