« イスラエルと日本のプログラマーが開発した「coLinux」 | トップページ | 「プラズマ」より安い「リアプロジェクション」 »

「伝説のネット詐欺師」はただの口座屋

インターネット事件簿:第11回 伝説のネット詐欺師「ハギオギ」の真相(InternetWatch)
「ハギオギ」といのはヤフオクなんかでも注意喚起がされていた「詐欺師」の名前でした。
記事、わかりやすく書いてるので知らない人も読めばわかると思いますが。

事件の取材にあたった全国紙記者が解説する。「荻村被告本人名義の口座が暴力団関係者などに広く行き渡り、あちこちで使われていたことが逮捕後の裏付け捜査で明らかになっています。使われた中に『萩村(ハギムラ)』という名前のものもあったのは、仮名口座を購入した詐欺師たちがハギとオギを読み間違えたためのようです」。

…予想だにしないオチ。しかも名前もただの口座転売屋の「名義」だったとは…。
なんか意味があったわけちゃうんか。ポカーン(゜Д゜)

・続報:民事裁判で賠償命令

|

« イスラエルと日本のプログラマーが開発した「coLinux」 | トップページ | 「プラズマ」より安い「リアプロジェクション」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。