« 「IEを滅ぼすスーパーブラウザ」? | トップページ | 為替介入止まったのは »

ヤコブ病とクールー病

ネット上には転載されてないかと諦めてたら転載されてたのでクリップ。
>パプアニューギニア:かつて猛威、人肉食原因の不治の病「クールー」
>--ヤコブ病と類似--手足震え痴呆症状…1年で死亡(毎日新聞)
長い記事なので、興味ある方はリンク先で全文読んでほしいですが。
しかしすると、今すぐ全人類が草食主義者になったとしても、今後数十年に渡ってヤコブ病の死者は出続ける可能性が高いってことですよね…。
ハッキリした関連性はないようですが怖い話で。

BSE.繋がりで、
>民間の全頭検査認めず BSEで米農務省(共同通信)
調べられたら何か困るんでしょうか?
↑の話も含めて、やはり最大公約数の汚染牛を弾く(全ては無理だとしても)には全頭検査しかないはずですが。農水省がちゃんとツッパネ続けてくれることを祈るばかり。

|

« 「IEを滅ぼすスーパーブラウザ」? | トップページ | 為替介入止まったのは »

コメント

狂牛病の原因となっている肉骨粉も同胞食いですよね。同胞食いをしてはいけないというように、身体ができているんですね。

投稿: rei | 2004.04.10 10:06

この記事へのコメントは終了しました。

« 「IEを滅ぼすスーパーブラウザ」? | トップページ | 為替介入止まったのは »