« 緒方恵美が入籍 | トップページ | リアライズ »

Googleメール米国でも阻止の動き

Googleメールに、米国でも阻止の動き(ITmedia)
過剰反応としか思えんのだが…。
Google.は技術的な解説をきちんとして同意をとるべきだろうけど、サービスそのものを潰すってのは。

各団体はとりわけ、広告表示のためにメールをスキャンするという行為は乱用という不要なリスクをもたらし、このサービスが「危険な前例を打ち立て、(メールの)プライバシーに対するユーザーの信頼を損ねることになりかねない」点に懸念を示している。
それを言うならスパイウェアはいいのか?
表示方法について注釈がつけられただけで、相変わらず野放しなわけだが。スパイウェアこそ、ブラウザやCookie,を監視して「深刻なプライバシーの侵害」をしてるだろう。

後者は利用者の同意をとればよくて、Gmail.はサービス自体をやめさせようとはこれいかに…。
利益団体の圧力でもあるのか、と思うが、メールボックスの容量の増設自体はどこの会社にでも出来る(Yahoo.でもHotmail.でもやろうとすればすぐ出来る。多少コストは嵩むが)話で、そういうことでもないだろうし。
なんなんやろ。
Google.を叩くならスパイウェアとスパム業者もちゃんと叩いてほしいもんです。

Googleの検索ランキング、オランダでは「クレヨンしんちゃん」が上位に(INTERNETwatch)
Google.繋がりで。オランダか…。フランスはヲタ文化が比較的浸透してるのは知ってるけど、オランダは初耳…。
「オランダ」と言われても、特にこれといってイメージもないのでネタにできないな。

|

« 緒方恵美が入籍 | トップページ | リアライズ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。