« 米マテル社「バービー破局」裏目に出て減益 | トップページ | 10年後に届く「夢レター」 »

ACCA.「顧客情報流出」に関する調査結果を発表。

アッカ、顧客情報流出に関する調査結果発表。原因特定には至らず (INTERNET Watch)
やっぱり特定できなかったようですね。
まぁアカ…もとい、朝日新聞が追加のサンプル提出を拒否した以上、しょがないですかね。
全サンプルを調べれば流出範囲も特定できたはずですが、たった 200件/数万件じゃ…。

で、私はeAccess.なんですが、他社も他社でこれといって「こういう点検しました」という発表を一切してないのがなんともナニ。Yahoo.、ACCA.と続いたんだから、他社も自主点検してみるべきだろうし、その結果真っ白なら、これ以上ない宣伝材料になるのに、なんでやんないのか謎。
一件目より二件目、二件目より三件目のほうが「なんで事例があったのに調べなかったのか」という話になるわけで、ちゃんとやってほしいもんですが。

ところでACCA.一応これで「一段落」したわけですが、どーすんでしょ。
記事見ると「対象になってると思われる顧客」全員に対してなにかするとは一切書いてませんしね…。
明確な201名に対してだけ発覚後に謝罪メールがいってるようですが、他の「対象になってる可能性が高い」人には行ってないそうで。その人達のことはどうすんでしょ?
掲示板見てると、結構怒ってるACCAの人多いのだが…。
「結果」が出たのに謝罪メール一つ送らないのなら、そっちのほうが問題な気がしますがね。

|

« 米マテル社「バービー破局」裏目に出て減益 | トップページ | 10年後に届く「夢レター」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。